fbpx

せどりで売れる物の共通点とは?売れるものを効率的に仕入れる

売れる物の共通点を知って効率的に利益を得る

せどり初心者は、そもそも商品が仕入れられないといった悩みを抱えている事が多々あります。私が配信している無料オンライン講座(こちら)を受講している方から『せどりで売れるものはなに?』といった内容のメールを頂くことはよくあります。

この記事では、せどりで売れるものは何なのか?売れるものの共通点は何?という事を解説していきます。売れるもののを仕入れる前に、売れるものの特徴や共通点を知らなければ、効率的に仕入れが出来るはずないですからね。

そもそもこの記事で、私のことを初めて知った方は『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

1月13日23:59募集停止

現在 募集受付中
実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

上記の実績を残せているのは、売れるものの共通点を把握して、その売れるものを効率的に仕入れていった結果です。また、全く仕入れが出来なかった生徒を何人も指導してきているので、この記事の正確性はそれなりにあると思います。

この記事では、せどりで売れるものをテーマに解説していくので、仕入れノウハウについて細かくはお伝えしていません。せどりで稼ぐためには何をすれいいか?という事に関しては、初心者が最速で結果を得るための基礎知識で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてください。

売れるものを見つける方法は無意味


ネットには売れるものを見つけるための記事が目立ちますが、私は売れるものを見つける方法には意味がないと考えています。特定の売れる商品の見つけ方を伝えているのであれば尚更のことです。

せどり初心者の頃に、売れるものを見つける方法ばかりを求めて、それが正しい情報だと誤解していれば、努力を継続しても、ずっと稼げない道を歩むことになってしまうので、まずは売れるものを見つける方法に固執するのは無意味だということを解説していきます。

売れるものを知る重要性

売れるものを見つける方法を調べる前に、あなたが知らなければいけないのは、売れるものの共通点です。冷静になって考えて頂ければ分かると思いますが、売れるものの共通点を知らずに、売れるものを見つける方法を知っても、効率的に商品が仕入れられるはずがありません。

特定の商品を仕入れる方法論も同じです。特定の商品の仕入れ方を覚えても、たった1商品で大きな利益を得られるわけではありません。せどりは多種多様の商品を販売して利益を得ていくものです。

それに、特定の売れるものを仕入れる術を知っても、売れるものの共通点を知らなれば、その情報を応用して、他の商品を仕入れる事も出来ません。釣りに例えるのであれば、特定の魚を、特定の場所、特定の仕掛けで釣っているだけなので、その情報を知る人が増えれば、その情報は使えなくなってしまいます。

だからこそ、せどり初心者は売れるものを見つける方法を学ぶ前に、売れるものの共通点を知らなければいけないという事です。この部分を理解した上で、具体的な仕入れノウハウを学ぶことによって、どのジャンルでも、そのノウハウを応用することが出来るという事です。

売れるものが売れない事実

せどりは売れるものが、売れないものに変わるといった特徴があります。自社商品や独占契約を結んで物販をしているのであれば、売れるものは売れるものになるわけですが、せどりのように契約を交わさずに、他社の商品を仕入れて販売するビジネスは、売れるものを仕入れたのに売れないといった問題に巻き込まれる可能性は十分あります。

これは、せどりは全ての競合が同じ商品を仕入れられる可能性があるからです。一般的にいくら売れている商品であっても、競合が同じ商品を仕入れられるのであれば、同一商品を販売する出品者の数が増える可能性があります。

つまり、その商品が売れるのは間違いないけど、あなたと同じ商品を販売している人が大勢いれば、あなたの商品が売れていかない可能性は十分考えられるという事です。そして、最悪の場合は、価格競争に巻き込まれて赤字出品をしなければいけない事もあります。

せどりはこのような特徴があるビジネスなので、売れるものを見つけるノウハウの前に、せどりで扱えるものは何なのか?せどりで売れるものの共通点は何なのか?という事を知らなければいけないという事です。

売れるもので速度を上げる

売れるものを仕入れるノウハウを学ぶ前に、せどりで売れるものは何なのか?売れるものの共通点は何なのか?ということを理解することによって、どのジャンルのせどりに挑戦しても、1つのノウハウを応用して稼ぎを増やしていく事が出来ます。

しかし、せどり初心者の多くは、少しでも早く稼ぎたいといった気持ちが強いので、売れるものを仕入れるノウハウばかりに注目してしまいます。これだと稼ぎのスピードが遅くなります。売れるものの共通点を理解していないので、応用が効かないわけですからね。

私が配信してる無料オンライン講座(こちら)を受講されている方から届くメールを見ていても、焦る気持ちから、この部分を疎かにしている初心者は稼ぎのスピードが遅いといった特徴があるので、この記事がを読んでいるあなたは、まずは売れるものの共通点を把握した上で、せどりを実践していきましょう。

せどりで売れるもの 共通点


せどりで稼ぎたいのであれば、売れるものを見つけるための仕入れノウハウを学ぶ前に『せどりで売れるものは何なのか?』『せどりで売れるものの共通点は何なのか?』という事は、ここまでの解説で理解して頂けたと思うので、ここからは売れるものって何なの?何を仕入れれば儲かるの?ということを解説していきます。

売れるものは供給過少

せどりで売れるものは、一般的に売れ筋だと認知されている商品ではなく、供給過少の商品が売れるものになります。要するに需要に対して、供給が少ない商品を狙わなければいけないという事です。

この『理由は売れるものが売れない事実』で解説したとおりです。一般的に売れ筋だと認知されている商品でも、供給過多(供給が多い)であれば、あなたが仕入れた商品が売れる確率は低くなります。

また、売れ筋の商品はそもそも仕入れられないといった問題が起こります。一般的に売れ筋だと認知されている商品を安く販売している小売店ってありますかね?冷静に考えて頂ければ分かると思いますが、売れ筋は売れ筋なわけで、その商品を一般企業が、他者が利益を得られるほど低価格で販売するというのは非現実的です。

コロナウイルスのマスク問題のように、買い占め行為をすれば、定価超えの価格で商品を売ることは可能になりますが、この記事を読んでいるほとんどの方は、モラルが欠如した行為をしてまで稼ぎを得たいと思っていないはずです。

つまり、せどりは売れ筋の商品を安く仕入れることを考えるのではなく、需要に対して供給が少ない商品を仕入れることで効率的に利益を得ることが出来ます。この供給過少の商品が、せどりでは売れるものになるという事です。

売れるものは掘り出し物

需要に対して供給が少ないものが売れるといった理由は、分かって頂けたかと思いますが『供給が少ない商品って、どういったものなの?』といった疑問もあると思います。この答えは掘り出し物になります。掘り出し物は売れるスピードも早ければ、高利益額を得られる傾向があります。

例えば、この時代にスーパファミコンの未使用品があれば掘り出し物ですよね?付属品完備のMDデッキもこの時代であれば掘り出し物ですよね?ガラケーも同じです。このような感じで、一部需要があるもので、コンディションを含めて希少性の高いものが、せどりで売れるものになります。そして仕入れやすいものにもなります。

この掘り出し物の重要性については、初心者が最速で結果を得るための基礎知識で詳しく解説しているので、こちらの記事と合わせ確認してください。売れるものは、どういった商品なのか?といった理解がさらに深まります。

売れるものは消費者心理

せどりで売れやすいものは、高機能なものではなく、消費者の感情を動かすものになります。せどり以外の物販ビジネスであれば、『高機能な商品=売れるもの』といった図式が成り立つわけですが、せどりは同一条件で、他社製品を仕入れられるライバルが多いので、高機能だから売れるといった図式は成り立ちません。

ただ、消費者の感情を動かすもは売りやすくなります。例えば、先ほど例にあげたスーパファミコンであれば、消費者はスーパファミコンに対して、どのような感情を持っていますか?スーパファミコンは何十年も前に発売した商品なので、故障を懸念している消費者も多いでしょう。

そこに未使用品のスーパファミコンが出品されていたらどうですか?消費者の不安を払拭することが出来るので、すぐに売れてくれる可能性が高くなります。つまり、あなたの仕入れた商品で、消費者の不安を払拭したり、欲求を掻き立てることが出来る商品が、せどりでは売れるものになるという事です。

売れるものは低価格商品

せどり初心者でも売りやすいものは、低価格商品になります。もちろん、高価格商品でも売れれるわけですが、せどり初心者が商品を仕入れて、販売することを考慮すると、低価格商品のほうが圧倒的に売りやすいものになります。

正確には、せどり初心者でも仕入れやすくて、売りやすいものになります。この理由は単純で、せどりは利益率を基準に商品を仕入れるからです。利益率を基準に仕入れるということは、仕入れ価格と販売価格の差額ではなく、倍率が重要になるということです。

ここまで解説させて頂いた気付いたかと思いますが、仕入れ価格の2倍で売れる商品を仕入れるといった基準を設けていた場合であれば、仕入れ価格1,000円の商品と、仕入れ価格10,000円の商品は、どっちの方が仕入れやすいですかね?

当然、前者の仕入れ価格1,000円の商品ですよね。仕入れ価格1,000円の2倍は2,000円なので差額は1,000円です。これが仕入れ価格10,000円になると、2倍の価格は20,000円なので、差額は10,000円になります。

冷静に考えて頂ければ分かりますが『どこの小売店が市場価格より10,000円も安く商品を販売するんですか?』という事です。もちろん、このような商品でも仕入れは可能なわけですが、せどり初心者には難易度が高いので、まずは低価格商品を狙ったほうが、効率的に稼ぎを増やしていけるという事です。

せどりで売れるもの まとめ


この記事では、せどりで売れるものについて、色々とお伝えさせて頂きましたが、要点をまとめると以下になります。

・売れるものを知るのが最優先
・売れるものは売れない可能性
・供給過少は売れるものになる
・掘り出し物は売れる商品になる
・感情を動かす商品が狙い目

この記事では、せどりで売れるものについて解説させて頂きましたが、売れるものを仕入れるノウハウについては解説していません。仕入れノウハウ等は初心者が最速で結果を得るための基礎知識で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてください。

また、せどり初心者の多くは、せどりは労働集約型のビジネスだと誤解しています。せどりは資産構築すれば、週休5日で会社員以上の利益を得ることも可能です。この部分については無料オンライン講座(こちら)で詳しく解説しているので、効率的に稼ぎを増やしたいのであれば、是非参考にしてください。

せどり初心者の関連記事

仕入れできない悩みを1日で解決
せどりで商品が売れない問題を解決
せどりは売り方で利益が2倍変わる

無料マニュアル 一覧
無料動画セミナー 一覧
PAGE TOP