モノレートの使い方、見方を徹底解説

分析力を鍛えるためにモノレートを使い倒す

せどりをするために絶対に必要な無料ツールが『モノレート』です。せどりについて少しでも情報を調べているのであれば、モノレートが如何に大切なツールか理解しているはずです。しかし、このモノレートの正しい利用方法を理解しないで商品を仕入れた結果、せどりで損失を被る人は少なくありません。

この記事ではせどり初心者、せどり中級者を対象にモノレートの正しい利用方法についてお伝えします。せどり中級者の方であれば『いまさらモノレートの知識なんて必要ないよ?』と反論されるかと思いますが、モノレートの知識が浅いから、伸び悩んでいるせどり中級者の方は大勢見てきたので、あなたに不足している情報がないか流し読みでもいいので、読んでみてください。

初心者の方は、このモノレートの利用方法をなんとなく理解するのではなく、正しく利用するための知識を付けることによって、仕入れ失敗する確率は間違いなく激減します。また、無料オンライン講座(無料講座はこちら)で伝えている資産構築にも大きく貢献してくれます。

そうは言っても、この記事で私のことを初めて知った方は『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで、簡単に実績をお伝えしておきます。

実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

この記事ではモノレートの基礎的な見方、使い方を伝えるだけではなく、モノレートのデータと機能を使って効率的に利益を上げる術を詳しく解説していきます。モノレートの使い方を全く知らない方にとっては、少し難しく感じるかもしれませんが、モノレートとせどりは、切っても切れない縁なので、この記事に書かれていることは完璧に理解しておきましょう。

まだ『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちらの記事)を読んでいない場合は、この記事の前に読むことをお勧めします。モノレートの見方も大切ですが、こちらを読んでいないと、建設で言うところの土台がない状態なので、この記事の理解度が浅くなってしまいます。では以下、目次になります。

モノレートの見方 基礎編


まずはモノレートの基礎の基礎からお伝えしていきます。モノレートは『Amazonの商品ランキングと価格推移をわかりやすく表示するサイト』になります。上記のスクリーンショットが実際にモノレートをPCで開いたものになります。

モノレートはGoogleでモノレートと検索すれば、すぐにアクセスすることができますが、せどりをする上で絶対に欠かせないツールとなるので、PCスマホから1クリックでアクセスできるように設定しておきましょう。

モノレートはこちら
https://mnrate.com/

モノレート 商品名の表示

モノレートの検索窓に商品名 or JANコードを入力して検索すると、検索したキーワードに関連した商品情報が表示されます。上記の赤枠で囲まれている部分が商品名になります。JANコードを利用して商品検索をしている場合、特に気にする必要はありませんが、商品名を打ち込んで検索した場合は、商品名に間違いがないか気をつけてください。せどり初心者の頃は商品名を確認せず、類似した商品を間違って仕入れるといったミスは多くの方が経験します

Amazonには膨大な量の商品が販売されており、類似した商品も多数存在します。上記モノレートのキャプチャーに表示されている商品は『DXダークキバットベルト』です。この商品と類似した商品が『DXキバットベルト』です。

この2つの商品の違いはカラーの違いです。せどり経験者であれば、この違いに気付くと思いますが、せどり未経験者はこのような違いに気付かず、仕入ミスをすることがないよう注意しましょう。

上記の例は、まだ分かりやすい類似商品ですが、本当に小さな違いの商品も存在します。

あなたは下記2つの商品の違いが分かりますか?

この記事を読んでいる多くの方は「DVDとBlu-rayの違いでしょ?」と思ったのではないでしょうか。上記2つの商品の違いは、確かにDVDとBlu-rayの違いでもあります。しかし、それより大きな違いがあります。

この『侵略イカ娘』という商品の侵略の後ろの記号を見てください。1つ目の商品は『!』がついています。2つ目の商品は侵略の後ろに『!?』の記号が記載されています。つまり、全く違う商品ということです。商品タイトルが違うので収録されている映像を全く異なったものになります。

ものすごく小さな違いですよね?『せどり初心者の方は、写真が記載されているんだから仕入れる商品を間違えたはずないだろ?』そう思うかもしれませんが、Amazonに登録されている商品には、このような小さな違いの商品は多々あります。なので、せどり初心者の頃はモノレートに表示されている商品名と、あなたがリサーチしている商品名が一致しているのか必ず確認するようにしましょう。

モノレート 出品制限注意の表示


Amazonには出品できる商品と、出品制限が適応されてAmazonで販売できない商品の2種類があります。出品制限が適応されている商品を仕入れても、すぐにAmazonで販売することは出来ないので、モノレートに記載されている『メーカーによる出品制限注意の項目』を確認する癖をつけてください。

せどり初心者の方でモノレートに『メーカーによる出品制限注意』の記載があると出品ができないと勘違いしている方もいますが、この表示があるからと言って、必ず出品制限が適応されているわけではありません。

出品制限が適用されているか確認するには、上記のモノレートのキャプチャーの『メーカーによる出品制限注意』をクリックして確認します。クリックすると下記のようなページに飛びます。こちらはAmazonのセラーセントラルにログインしていないと表示されないので、セラーセントラルにログインした状態でクリックをしてください。

モノレートの『メーカーによる出品制限の注意』をクリックして、上記のページにアクセスしたら赤枠で囲まれている部分の『出品制限が適用されます』の項目をクリックしてください。クリックすると下記のようなページが表示されます。

上記のキャッチャーのように『出品する』のボタンがあれば、出品可能になります。しかし、Amazonの出品制限はアカウント状況、その時のAmazonの状況によって変化します。稀に商品を仕入れるタイミングでは出品可能でも、いざ出品をする時に出品制限が適用されることもあることを頭の片隅に入れておいてください。

モノレートのメーカーによる出品制限注意をクリックして、最終的に『出品許可申請』のボタンが表示されているページにたどり着いたのであれば出品制限が適用されている商品になります。こちらは各商品に応じて出品許可に必要な書類を揃えれば出品可能になります。つまり、すぐには出品できない商品ということになります。

モノレート 新品プレミアの表示

モノレートでは上記キャプチャーの赤枠に囲われている『新品プレミア』の表示がある商品と、ない商品があります。この表示は、Amazon新品価格が定価を超えていれば表示されます。せどり初心者の方は、この表示を見て『これはプレミア出品なんだね!?』解釈で終わるかもしれませんが、新品プレミアム表示から考えられることは複数あります。

新品がプレミアになっているということは、その商品の生産が終了しているにも関わらず、定価を上回った価格でも、その商品を欲しいと思っている消費者が多数いる、商品ポテンシャルがあるといった仮説を立てることができます。仮に、その仮説が正しいものであれば、関連商品もプレミアになっている可能性が高いということです。

またプレミアになっているということは、需要に対して供給の方が少ないといった仮説も経つので、ヤフオクなどで定期的にリサーチをする価値がある商品の場合も多々あります。

逆に、その商品の生産が終了していて、Amazon価格が定価を上回っているけれど、その価格だと商品が売れていない場合もあります。こういった商品を新品価格、差額だけを見て仕入れをしていれば、売れ残る可能性は、かなり高くなります。せどり初心者の方は、この部分で失敗しているケースが目立つので注意してください。

私が配信している無料オンライン講座(無料講座はこちら)でも伝えていますが、価格差だけを追い掛けるせどりの時代は、既に終焉を迎えています。モノレートに記載されている新品プレミアの表示からも考えられることは多々あるので、価格だけで商品を仕入れるといった労働集約型のスタイルではなく、資産構築思考を意識していきましょう。

モノレート 中古プレミアの表示

モノレートには新品プレミアの表示だけではなく、中古プレミアの表示もあります。こちらは新品がプレミアになっているのではなく、中古がプレミアになっていることを表したものです。こちらも新品プレミアムと同じで、『これはプレミア出品なんだね!?』で終わらないようにしてください。

中古プレミアは新品プレミアよりも希少性が高いものです。そして需要と供給のバランスが崩れていることも多いので、中古プレミアの表示があって、供給(平均出品者数)が少なければ狙い目の商品になります。こういった商品は商品リストとしてストックしておくことで、あなたの資産の1つとして将来の利益に貢献してくれます。

モノレート レビューの表示

モノレートに記載されているレビューありの表示は、単純にレビューがあるか、ないかになります。せどり初心者の方でレビューがあるから売れる、レビューがないから売れないと判断をされる方もいますが、売れる売れないはレビューの有無ではありません。こちらの記事で伝えていく、その他のデータから売れる、売れないは読み取ることができます。

レビューから読み取れるものは、商品の価値ポイントになります。せどり中級者でも価値はポイントを深堀りしている人は少ないのが現状です。各商品価値ポイントは違います。例えばキャプチャーで利用しているDXキバットベルトであれば、フエッスルの有無で商品価値が大きく変わります。

じゃあ、なんで私がこのようなことを知っているのかと言えば、販売経験も関係はしていますが、レビューからその商品の価値はどこにあるのかを探っているからです。

モノレートに表示されている『レビューあり』は、この表示が大切なのではなく、レビュー内容が大切になるということです。価値ポイントを抑えていれば、他の出品者よりも高く商品を販売できるようになるので、隙間時間を活用してこのレビューの内容を読んでおくようにしましょう。

モノレート 価格表示


モノレートは出品状況別に価格が表示されています。上記のキャッチャーがデフォルトの状態になります。上から順番に新品の最安値価格、新品のカート価格、Amazonが販売価格、中古価格、コレクター価格が表示されています。上記がデフォルトの表示になりますが、より詳しく出品状況別の価格を見ることも可能です。

上記モノレートのキャッチャーの赤枠部分をクリックすると、デフォルトでは表示されなかった新品プライム、中古プライム、良い以上、非常に良い以上と、6項目が追加され、全11項目別の価格を表示することができます。

中古せどりの場合は、コンディション別の価格は非常に重要な指標になるので、デフォルトの状態で仕入れ判断をするのではなく、コンディション別の価格を考慮した上で仕入れ判断をしていきましょう。

モノレート 仕入価格計算


モノレートは現在の出品価格を表示するだけではなく、自動計算機能もあります。例えば、あなたが粗利率30%を仕入れ基準にしているのであれば、仕入れ価格はいくらになるのか?ということを計算してくれます。

この機能を利用するためには、上記のキャプチャーの矢印部分をクリックしてください。そうすると出品方法、出品プラン、消費税納税義務、粗利、粗利率と全5項目が表示されます。

自己発送で出品予定なら、自己発送にチェックを入れてください。FBA納品するのであればプライムを選択してください。出品プランの項目と、費税納税義務の項目もあなたの環境に合わせて選択をしてください。後は、あなたの仕入れ基準に合わせて粗利と粗利率を設定すればOKです。

そうすると、コスト計算の欄にいくらで仕入れをすれば、あなたの仕入れ基準を満たせるのかが表示されます。上記キャプチャーであれば、中古非常に良い出品するのであれば、5382円以下の仕入れ価格であれば条件を満たしていることになります。

モノレート 出品者数 販売数

モノレートでは上記キャプチャーの赤枠で囲まれている部分を確認することで、『出品者数』『3ヶ月の販売数』『販売数÷出品者数』を確認することができます。モノレートには数多くのデータがありますが、売れる商品を見極めるという部分では、この3つの数字が非常に大切になります。

出品者数の項目には、現在の出品者数が表示されています。3ヶ月の販売数の項目は、直近3ヶ月間の販売数が表示されています。括弧で囲われている数字は、販売数÷出品者数の数字が表示されています。

無料オンライン講座(無料講座はこちら)でも伝えていますが、せどりで大切になるのは売れ筋商品を扱うことではありません。需要と供給のバランスが崩れているものを扱うことが大切になります。この計算式に当てはめると『販売数÷出品者数』で算出された数字が大きければ大きいほど売れやすいということになります。

括弧にある数字は『販売数÷出品者数』で算出された数字が表示されています。キャッチャーあれば新品は0.7、中古は0.5になっています。この数字を仕入れ基準の判断材料の1つとして確認することで、売れ残りを大幅に減らすことができます。

モノレート 仕入れ基準変更

モノレートのデータで重要になる『販売数÷出品者数』ですが、デフォルトの状態では出品者数にあなたが含まれていません。上記キャプチャーにある赤枠部分をクリックすることによって、出品者数にあなたを含めるか含めないかを選択することができるようになります。

仕入れ基準を厳しくして売れ残りを減らしたいのであれば、アカウントの設定部分をクリックして出品者数に+1をするようにしておきましょう。仕入れ基準に関しての質問は数多くいただきますが、仕入れ基準が定まっていないということであれば、まずは『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)を読んでみてください。

モノレート 利益シュミレーター


モノレートは基準にあった仕入れ価格を自動計算してくれるだけではなく、リサーチした商品を仕入れた場合、いくら利益が残るのかをシュミレーションしてくれます。上記はモノレートの利益シュミレーターに『商品原価の項目』に仕入れ価格5,000円(仮)を入力したものになります。

利益シュミレーターでは自己発送とFBAの選択をした上で、商品原価を入力すると『税引き後利益』『利益率』『投資利益率(ROI)』を自動計算してくれます。仕入れ前に見込み利益を把握したい場合は、モノレートの利益シュミレーター機能を使いましょう。

モノレート 仕入れリスト機能

モノレートの利益シュミレーター機能には、リスト追加機能も付いています。赤枠で囲まれているリスト追加ボタンをクリックすると、モノレートの仕入れリストにあなたの商品が追加されます。この機能は赤枠の閉じるボタンで、閉じることもできれば開くことも出来ます。

モノレートのリスト追加機能で、リストを追加したら赤枠の『仕入れリスト一覧へ』をクリックしてください。そうすると下記のようなページが表示されます。

モノレート CSVダウンロード

モノレートで仕入れリストに追加したデータは、CSVでダウンロードすることが可能です。この記事を読み込んでいるのであれば、どういった商品を仕入れリストに追加して、仕入れ情報をCSVでダウンロードするべきなのか理解していると思います。

仕入れリストに追加する商品は、今後仕入れられる可能性が高い狙い目の商品になります。『中古プレミアムの表示』がある商品や『販売数÷出品者数』の数字が大きい商品は狙い目の商品になります。

あなたが商品を仕入れていなくても、このような商品を見つけたときは積極的に仕入れリストに追加して、1日の終わりにCSVをダウンロードして今後の活動に活かせるようにしておきましょう。

モノレート グラフの見方

ここまでお伝えしたモノレートのデータだけでも十分活用することはできますが、モノレートでは『新品と中古の価格』『新品と中古の出品者数』『ランキング、『モノレートユーザー』の4項目がグラフ化されています。

ここまで伝えたモノレートのデータは、現段階のものが多く記載されていましたが、モノレートのグラフを見ることによって『3ヶ月』『6ヶ月』『12ヶ月』『すべての期間』の数字を見ることができるようになります。

仕入判断が難しい商品は、過去12ヶ月の売れ行きや、過去の価格を調べることによって、売れ残りのない精度の仕入れが出来るようになります。せどり初心者の方は、現在価格だけで仕入れ判断をしてしまいがちですが、しっかりとしたデータを分析するためにもモノレートのグラフを見る癖をつけておくことをお勧めします。

モノレート 出品状況別グラフ

モノレートのグラフは、出品状況別に表示させることも可能です。黒枠で囲われている中古の部分をクリックすれば、中古のみのグラフが表示されます。黒枠のプライムの部分をクリックすれば、FBA出品の価格を知ることが出来ます。黒枠の非常に良いをクリックすれば、非常に良い以上の価格を確認することが出来ます。

せどり初心者の方は最安値で商品を販売しがちですが『非常に良いであれば、どれくらいの価格で、どれくらいの期間で売れているのか』を確認することによって、最安値の2倍で商品が売れてくれるということも珍しくありません。

中古せどりを実践している人にとって、コンディション別のグラブは非常に参考になるものなので、せどり初心者であってもモノレートの出品状況別のグラフを確認して分析力を鍛えていきましょう。

モノレート 期間毎の最安値一覧

モノレートの下部には『期間毎の最安値一覧』が表示されています。こちらはグラフを数値化したものになります。ランキング欄の数字は、Amazonランキングが表示されています。赤枠で囲まれている部分はランキングが上昇しているので、該当の商品が売れたことを示しています。

最安値の欄は新品最安値と中古最安値が表示されています。出品者数も同様に新品と中古の出品者数が表示されています。少し見にくいかと思いますが、キャプチャーに表示されている10月21日のデータは、ランキングが170,890位から35,975位に上昇しており、中古の出品者数も5~4に減っていることから、10月20日~10月21日にかけて中古が1つ売れたことが分かります。

この『期間前の最安値一覧』はあまり利用することはありませんが、仕入判断に迷った時や、より細かい情報が必要な場合は、『期間前の最安値一覧』からデータを分析していく必要があります。

モノレートの使い方 応用編

ここまで『モノレートの見方 基礎編』ということで、モノレートの機能を1つ1つ解説してきました。しかし、淡々と機能を解説されても、実際にどのようにモノレートを使っていいのか分からない、せどり初心者の方もいると思います。また、せどり初心者の方でモノレートの使い方を誤解している人も大勢います。

ここからは、モノレートの機能を解説するのではなく、初心者が陥りがちなモノレートの誤解と、モノレートを利益に繋げるために、どういった視点が必要なのかを伝えていきます。

せどり初心者の方はもちろん、せどり中級者の方は、ここからしっかりと記事を読んで頂ければ、何か新しい発見があるかもしれません。

モノレートランキングの誤解

せどり初心者の多くが勘違いしていることがあります。それは、モノレートに表示されるランキングの解釈の違いです。どこかのせどり塾で教えられているのかもしれませんが、モノレートのランキングは、仕入れの判断材料として扱いにくい数字になります。仮にランキングだけを指標にしているなら、不良在庫に悩まされるのも当然のことです。

上記モノレートのキャプチャーであれば、赤枠で囲まれている部分に『おもちゃ:86,812』と記載されています。これはAmazonランキングを反映させた数字になります。つまり、現在のランキングになります。過去は考慮されていません。モノレートのグラフを見て頂ければ分かるとおり、ランキングが150,000位の時期もあります。

このことからも分かるように、モノレート上部に表示されているAmazonランキングは瞬間最大風速でしかありません。つまり、毎日変動するAmazonランキングを指標に仕入れをしていれば、精度の高い仕入れは出来ないということになります。

モノレート中段にある平均ランキングは、モノレート上部に記載されているランキングと違って、あなたが選択した期間の平均順位が記載されています。こちらはモノレート上部に記載されているランキングと比べれば参考になる数字ではあります。

しかし、Amazonランキングはカテゴリー単位で順位付けされています。例えば、おもちゃカテゴリーであれば、3ヶ月で10回売れていれば、Amazonランキング10,000位をキープできるかもしれません。ただ、これがゲームソフトになれば、同じ販売数であっても30,000位になることもあります。

これは仮の話ではありますが、同じ販売数であってもカテゴリー単位で順位は大きく異なるということです。それにも関わらず、Amazonランキングを指標に仕入れをしていれば、売れ残りが増えるのは当然のことになります。

モノレートデーターの期待値

モノレートとせどりは、切っても切れない関係です。そのためモノレートのデータに過度に依存しすぎている人は大勢います。しかし、モノレートのデータは完璧ではありません。売れ筋商品であればモノレートのデータが、しっかりと残っているものは大半ですが、販売履歴が少ない商品になると、モノレートがデータを取得出来ていないことは多々あります。

過去に私はモノレートの波形が全く触れていない商品を何度も販売していますが、販売後にモノレートを確認しても販売履歴が残っていないとことは多々あります。

せどり初心者がこのような商品を扱うのは、難易度が高いかもしれませんが、こういった商品はライバルが仕入れない高利益率を狙える商品でもあるので、過度にモノレートに依存するのではなく、その他の媒体であったり、あなたの経験を活かして商品を販売できるよう実力をつけていきましょう。

不良在庫を抱えないモノレート分析

ここではモノレートのみ利用して、不良在庫を抱えない仕入れ基準をお伝えします。不良在庫を抱えないためには、上記キャプチャーの赤枠で囲まれている2点をチェックしていれば、仕入基準ミスで不良在庫を抱えることはまず考えられません。

まず『販売数÷出品者』の数値ですが、上記キャプチャーあれば0.2になっていますよね?ここの数値が1以上になっている商品を仕入れてください。この数値が1以上になっているということは、需要に対して供給が少ないということになります。需要に対して供給が少なければ当然売れていきますよね?

このルールを守って適正価格で商品を販売していれば、基本的に商品が売れ残ることはありません。仮に、それでも商品が売れ残るのであれば『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)で解説している商品が売れない原因を確認してください。仕入れ基準ではなく、別のところに売れ残りの問題があるはずです。

そして次に確認するのが赤枠で囲まれている投資利益率(ROI)の部分になります。ここは仕入額に対して何%の利益が残るのかを表した数字になります。こちらは売れ行きとは関係ありませんが、仮に『販売数÷出品者』の数値が1以上になっている商品を仕入れて、売れ行きが遅いと思えば、販売価格を落として商品を売り切ることができます。

そのためには、ある程度の投資利益率(ROI)を確保しておかなければ赤字になってしまいます。この投資利益率(ROI)に関しては、あなたの資金状況、目的によって調整して頂ければいいのですが、あなたがせどり初心者で何%を基準にすればいいか分からないということであれば、投資利益率(ROI)50%以上を確保できる商品を仕入れてください。

『販売数÷出品者』の数字が1以上、投資利益率が50%以上。この2つのルールを守っていれば、不良在庫で頭を抱える心配はありません。

ただ、ここでお伝えしたルールに問題点があります。それはモノレートだけで仕入れ判断をしているので、仕入れ基準が厳しくなっています。つまり、仕入れ難易度が上がるというデメリットがあります。

仕入れ難易度を下げるには、モノレートだけではなく、他の媒体も確認した上で仕入れ判断をしなければいません。こちらの仕入基準に関しては、この記事のテーマから大きく外れてしまうので割愛しますが、仕入れ難易度を下げたいのであれば、無料オンライン講座(無料講座はこちら)でお伝えしている内容を参考に仕入れをしていきましょう。

資産構築にモノレートを活用

ここではモノレートを利用した資産構築についてお伝えしていきます。モノレートを利用した資産構築は基礎編のところでお伝えした『リストの追加』『CSVダウンロード』の2つになります。この2つの行動を積み重ねていくことで、数ヶ月後には仕入れられる可能性が高い商品、高利益率を見込める商品のデータが蓄積されています。

リストに追加する条件は3つあります。1つ目はモノレートに新品プレミアの表示がある商品、2つ目は中古プレミアの表示がある商品になります。これらの商品は、供給が少なく需要があるからこそ、プレミアになっています。つまり、需要と供給のバランスが崩れている商品になるので、定期的にその商品を確認しておくことで、間違いなく効率的に仕入れができるようになります。

そして3つ目の条件が『販売数÷出品者』の数字が1以上になっている商品です。1つ目の条件、2つ目の条件はプレミア商品を仕入れリストに追加するとお伝えしましたが、これは多くの方が実践している内容になるので、3つ目の条件と比べれば効果は薄くなります。

しかし、3つ目の条件を提唱している人は、私が知る限りでは他にいません。なので、大勢の方とリストが被るはありません。つまり、仕入れられる確率が遥かに高くなります。

この3つの条件のうち、1つでも満たしているものを仕入れリストに毎日追加することで、数ヶ月後のあなたの結果が変わるので、ぜひ実践してみてください。

モノレート分析 まとめ

せどり初心者の方は、なんとなくモノレートの使い方を覚えて、せどりを実践してしまいがちです。ビジネスは行動するからこそ結果を掴むことができるので、その意識は非常に素晴らしいものです。しかし、せどりとモノレートは切っても切れない関係です。なので、なんとなくモノレートを使えるという状態ではなく、完璧にモノレートのデータを分析できるようになっておきましょう。

これまで、せどり中級者も含めて600人以上の方の相談に乗っていますが、せどり中級者でもモノレートを使いこなせていなかった方は多々います。せどり初心者になると、モノレートからデータを分析することが出来ずに、全く結果に繋がっていないことも珍しくありません。

この記事ではモノレートの基礎的な内容から、どのようにモノレートを利用して利益を上げていくのかをお伝えさせて頂いています。何度も読み直して、是非結果に繋げて頂ければと思います。

無料マニュアル 一覧
無料動画セミナー 一覧
PAGE TOP