店舗せどりで1日10万円獲得する 仕入れのコツ

店舗せどりを攻略して1日10万円を達成させる

店舗せどりに挑戦しようと思っても『ドンキせどり』『コストせどり』『ジャンクせどり』『中古せどり』などネットには色々な情報が飛び交っており、せどり初心者の方は、何から始めていいか分からないといった悩みを抱えています。

この記事ではせどり初心者が、どのような思考で店舗せどりを攻略していけば、結果を掴めるのかをお伝えしていきます。ちなみに、この記事でお伝えしている店舗せどりは、中古せどりになります。

新品転売を否定するつもりはありませんが、『将来性』『資産性』『リスク』『モラル』を考慮して、私は中古せどりを推奨しています。中古せどりを推奨する理由については『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)で、詳しく解説しているので、最初にそちらの記事を読んでから、この記事を読むことをお勧めします。

この記事で私のことを初めて知った方は『中古せどりは本当に資産性があるの?』『そもそも、この人の話を信用して大丈夫なの?』と疑問に思っているでしょう。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

現在は店舗せどりではなく、電脳せどりが中心になっていますが、2年前は店舗せどりのみで結果を得ていました。これまで店舗せどりで回ったことがある地域は、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、静岡、愛知、長野、岐阜、富山、石川、福井、滋賀、三重、奈良、京都、大阪、和歌山、兵庫、岡山の21府県です。

店舗数も300店舗以上は回っています。私が指導しているコンサル生でも店舗せどりのみで結果を上げている方もいるので、この記事ではそれ相応のことをお伝えできると思っています。

店舗せどり 最低見込み利益1日10万円

これから店舗せどりに挑戦する人は、1日10万円の見込み利益を狙ってください。もちろん店舗せどりを開始して、すぐにこのような結果を得られるわけではありません。ただ本筋からずれた枝葉的なノウハウを追い求めるのではなく、正しい知識で行動を積み重ねていれば、1年以内に1日10万円の見込み利益を獲得できる可能性は十分あります。

私のコンサル生にも店舗せどりをゼロからスタートして、1年以内に1日10万円の見込み利益を獲得できるようになった人は大勢います。そのために必要な知恵をこの記事でお伝えしていくので、是非あなたの店舗せどりに活かしてください。

あと『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)でお伝えしているせどりの本質を理解せずに、店舗せどりに取り組んでも結果は期待できないので、まだ読んでいないのであれば、こちらの記事を読む前に読んでみてください。

店舗せどりの見込み利益上限を知る

これから店舗せどりに実践する方は『店舗せどりで1日どれくらい利益が見込めるのかな?』と疑問に思っていると思います。これは平均値でお伝えするなら見込み利益で1日10万円を目安にしてください。

ネットには1日10万円以上の事例は数多くあります。せどり初心者の方はそういった情報に飛び付きがちですが、このような情報の99%はイレギュラーな実績を歌っているに過ぎません。 これは間違いなく断言できます。
もしくは、情報発信者が見込み利益を高く見積もりすぎなだけです。見込み利益は1日30万円でも、実際販売したデーターを見ると1日10万円の利益といったことは珍しくありません。

私であれば店舗せどりで、1日50万円の見込み利益を達成したことがありますが、これが毎日続いているわけではありません。私が店舗仕入れをした場合の見込み利益平均は1日15万になります。これは有名なせどり塾を運営している講師の方でも同じです。

私は2014年からせどりを開始しているので、せどり界隈の方と多少付き合いはありますが、多くの方が見込み利益平均は1日10万円と口を揃えています。これは私のコンサル生も同じです。1日の平均見込み利益が10万円以上の方もいますが、平均すると10万円という数字に落ち着きます。

なので、店舗せどりの上限は、見込み利益で1日10万円~20万円だと考えてください。これ以上の数字を平均値で叩き出すのであれば、仕組み構築、外注化は欠かせません。あなた1人で見込み利益1日20万円以上を狙うのは非現実的です。

過去最高利益額の情報は無価値である

ネットにある多くの情報は、過去の最高利益額を謳っているものが多いのが現状です。しかし、そのような話に価値はほとんどありません。例えば、私はせどり以外に貿易事業、ブランドオーナー、プロデュース業etc・・・も経営しているので、過去の最高利益額を伝えるのであれば、時給200万超えと伝えることも、その証拠を提示することも可能です。

これは瞬間最大風速であり、タイミングよく企業側からの大量発注が重なっただけです。そんな瞬間最大風速を実績として謳っている情報には価値はありません。大切なのは平均値を知ることです。そして、イレギュラーな実績を求めるのではなく、まずは平均値をクリアできるよう切磋琢磨することです。

店舗せどりの見込み利益の平均は、1日10万円が目安になります。上限は20万円になります。店舗せどりで、それ以上の結果を目指すのであれば、仕入れ担当の人材を雇用して複数人で仕入れをしなければ不可能だということを覚えておきましょう。

ちなみに、私は労働日数2日で月間利益額100万円(1日50万円利益)を約2年継続してきましたが、これは無料オンライン講座(こちら)で伝えている資産構築思考で、仕組みを構築しているからです。


そして、仕入担当2名、納品担当2名の合計4名の外注を利用しています。つまり、私が1人で全ての業務をやっているわけではないので、せどり初心者の方が1人で、私と同じような数字をあげるのは非現実的だと覚えておいてください。

私が外注を利用せずに、店舗せどりをした場合は1日15万円程度です。電脳せどりであれば1日25万円程度になります。せどり初心者の方は以上を目安にして、瞬間最大風速の実績に惑わされないようにしていきましょう。

店舗せどりのコツを追求しすぎるのは危険

これから店舗せどりに取り組む初心者の方は、店舗せどりのコツを求めていると思います。確かに店舗せどりには店舗せどりのコツがあります。しかし、そのコツは『地域』『タイミング』『環境』によって大きく異なります。

地域が違えば同じ商品であっても販売価格は異なります。同じ地域で同じ商品が販売されていても、タイミングによって価格は変わります。当たり前のことですが、店舗は私たちと同じように日々変化をしています。しかし、せどり初心者の方は、この当たり前のことを忘れてしまっています。

このコツを理解しておけばガンガン商品が仕入れられる、そういった情報を求める気持ちは分からなくありませんが、残念ながら全ての環境において適応できるノウハウは存在しません。

それでも、全ての環境において利用できるノウハウを求める方は後を絶ちませんが、これを恋愛で例えるのであれば、ディズニーランドで告白をすれば、どんなブスキャラでも美人を捕まえられる、このような情報を求めているのと、なんら変わりません。

店舗せどりのコツは相手を理解すること

せどり初心者の方がノウハウやコツを追い求めたすぎた結果、泥沼にはまってしまうことは多々ありますが、最初に店舗せどり攻略の本質を押さえておけば、どのような環境であっても、それ相応の結果を得ることが可能です。また本質を理解しておくことで、どのノウハウが本筋から外れた枝葉的なものなのかすぐに見極めることが出来るようになります。

店舗せどり攻略の本質は、店舗の癖を把握することです。私たちせどりを実践する人にとって実店舗は仕入先になります。そして、その実店舗は人間が運営しているものです。つまり、各店舗ごとに癖が存在します。その癖を把握して、各店舗ごとに戦術を変えるのが、店舗せどり攻略の本質です。

これは恋愛を見ても同じです。恋愛はデートどこに誘うかで決まるものではなく、相手のことを如何に理解するかが大切になりますよね?相手のことを理解した上でどこにデートに誘うのか、どういったアプローチをするのかを判断します。店舗せどりもこれと同じように、相手のことを理解して、相手に合わせて戦略を組み立てていく必要があります。

店舗せどり 20分で見込み利益8万円

この記事を書く約1ヶ月前に、私のコンサル生を対象に、東京で店舗せどりの仕入れ指導をしてきました。その時に約20分で見込み利益8万円といったイレギュラーな結果を残しているわけですが、その時に私が実践したことは、店舗の癖を見極めただけです。その他に特別なことは全くしていません。

私は2014年からせどりを開始しているので、それなりの商品知識があります。なので、私の商品知識の範囲内の商品であれば、価格を見ただけで高いか安いかを判断できます。この知識を利用して、仕入れ指導を開始して、すぐに利益が得られる商品を見つけました。

その後に私がとった行動は、次の仕入対象となる商品を探すことではありません。私がとった行動は、なぜAという商品は安かったのか?このAという商品と共通する商品は他に何があるのか?を考えることです。この部分が非常に重要になります。ここをしっかり理解していれば、店舗せどり初心者であっても多少の結果は残せます。

多くの方は仕入れられる商品を見つけた時に、その商品から得られる情報を無視して、次の仕入れ対象となる商品を探します。これはせどり初心者だけではなく、せどり中級者も同じです。多くの方は、せっかく店舗の癖を把握するヒントを見つけたにも関わらず、そこから答えを導き出すとことを放棄しています。これでは、効率的に商品を仕入れられるはずがありません。

1店舗で効率的に利益を積み重ねる

私が店舗仕入れ指導で、20分で見込み利益8万円を達成した時の流れは以下になります。私が店舗に入店をして、仕入可能なAという商品を見つけた時に、なぜAという商品は安かったのか?このAという商品と共通する商品は他に何があるのか?ということを考えました。

その仮説としてあがったのが『』商品サイズが大きい』『商品棚の最上段に陳列されている』『製造年日が古い』という3つでした。この仮説に基づいて、まずは商品サイズが大きいものを数点リサーチしました。そうすると1つだけ仕入れられる商品が見つかりました。これで商品サイズが大きいものは安いという仮説が間違っていない可能性が高くなります。しかし、数点リサーチした商品を全て仕入れられたわけではありません。

そこで仕入れられた2つの商品の共通点を探ります。そうすると、値札に記載されているSKU(管理番号)の下二桁が同じだということに気付きました。そこで商品サイズが大きいものが安いという仮説ではなく、SKU(管理番号)の下二桁が『32』と記載されている商品が安いといった仮説に変わりました。

その仮説に基づいてSKU(管理番号)の下二桁が『32』の商品を探すと、8点ほど下二桁が『32』の商品が陳列されていました。その商品をリサーチすると、すべてがAmazon価格の半値以下で販売されており、全ての商品を仕入れることができたということです。

その結果、約20分で8万円の見込み利益を突破しています。この結果はこの記事で伝えているように、イレギュラーな結果ではありますが、このように店舗の癖を把握することを意識して行動を積み重ねることで、店舗仕入れで商品が仕入れられないということはなくなります。

店舗せどりで利用するツールは2種類

店舗せどりに挑戦するにあたって、作業を効率化するために無料ツールを探している方は大勢いますが、結論からお伝えすると、店舗せどりで利用するツールは2つあれば問題ありません。

ここで紹介するツール以外に効率化できるツールを探している方も多いと思いますが、これら2つのツールを利用して月収50万円にも満たないのであれば、他のツールを使っても、使いこなせない可能性が高いと思ってください。

ここではモノレートとアマコードについてお伝えしますが、アマコードは作業効率化ツールになります。モノレートはデータ分析のために利用します。つまり、資金を効率的に投じて、効率的に回収するためには、データ分析に強いモノレートが必要不可欠になります。

せどり初心者の方は、とりあえず簡単に結果を掴めるツールを追い求めますが、各ツールの用途を理解しておかなければ、どれだけ素晴らしいツールを利用しても宝の持ち腐れでしかありません。その点をしっかりと理解していただくために、店舗せどりで利用する2種類のツールについて解説していきます。

モノレート


店舗せどりで絶対に必要なツールはモノレートです。せどり上級者であれば、モノレートなしで仕入れは出来ますが、せどり初心者はモノレートがなければ、仕入れは出来ないと考えてください。

モノレートを利用せずにアマコードを利用して、仕入れをしているせどり初心者の方も多いですが、これでは無料オンライン講座(こちら)で伝えている資産構築をして効率的に稼ぐ難易度があがります。アマコードは素晴らしいツールですが、アマコードは作業効率化を図ったツールであり、過去のデータから商品情報を分析するものではありません。

これはせどり中級者以上であれば、理解していることですが、せどり初心者の方はこの部分の理解が浅く、アマコードだけで仕入れ判断をしていることも少なくありません。モノレートは価格差を確認するツールではありません。過去のデータから、これまでの平均出品者数を確認したり、価格の変動を確認するものです。このようなデータを分析することによって、データ分析ができない人たちが、仕入れない商品を根こそぎ仕入れることが可能になります。

またモノレートの仕入れリスト機能を使って資産を構築することも可能です。モノレートの詳しい利用方法については『モノレートの使い方、見方を徹底解説』(こちら)で詳しく解説しているので、まだ見ていない方はそちらを読んでみてください。

この記事では、店舗せどりで利用するツールとしてモノレートとアマコードを紹介していますが、モノレートの正しい利用方法を理解していれば、モノレートのみで月収100万円を上げることは十分可能です。私はせどりを開始した2014年から数年間は、モノレートのみで月収100万円を継続しています。現在はアマコードを利用していますが、アマコードはあくまで作業効率化の補助ツールであり、仕入れ判断は現在もモノレートのデータを利用しています。

アマコード


マコードは仕入れ判断をするツールではなく、バーコードやインストアコードを読み取って作業効率化をするためのツールだと考えてください。もちろん、バーコードを読み取る以外に、数多くの優れた機能が搭載されていますが、これらも全て作業効率化のためだと考えてください。

せどり初心者でアマコードのみを利用している方は大勢いらっしゃいますが、アマコードはモノレートのように、過去の情報を細かく分析することはできません。あなたがアマコードのみを利用して、仕入れ判断をしていたのであれば、かなり多くの商品を取りこぼしてきたと思って問題ありません。

アマコードは素晴らしい無料アプリなので否定するつもりは全くありません。ただいくら素晴らしい無料アプリであっても、使用用途を理解せずにツールを利用していれば、宝の持ち腐れでしかないことを理解しておきましょう。

せどりでおすすめの店舗を紹介

せどりでおすすめの店舗を紹介ということですが、これは店舗せどり攻略と同じで『環境』『時代』によって回答は大きく異なります。例えばメディアせどりであれば、大阪のブックオフ喜連瓜破店の品揃えが豊富で仕入れやすい、石川のブックオフ野々市店が品揃えが豊富で仕入れやすいということは伝えられます。家電せどりであれば、東京のハードオフ立川西砂店が仕入れやすい、愛知のハードオフ尾西店が仕入れやすいといったことも伝えられます。

しかし、せどらーによって取り扱うジャンルも違えば、資金状況も違います。なので、具体的にどの店舗が優良だということを伝えるのは不可能です。またこの記事で、上記のように具体的な店名を伝えれば、そこにせどらーが群がるのは明らかです。

具体的な店舗名を公開しているサイトを探すのではなく、どのような店舗で、どのような思考で行動をしていれば、効率的に仕入れができるのかを知ることが大切です。

この記事で、お勧めしている店舗は『ブックオフ』『ハードオフ』『ホビーオフ』『オフハウス』『セカンドストリート』になります。それ以外にもトレジャーファクトリーであったり、特定の地域にしかない仕入先は多々ありますが、ここでお伝えした店舗で仕入れができないのであれば、他の店舗でも仕入れはできないので、まずはここで伝えている店舗で仕入れができるようになりましょう

ブックオフせどりで確実に仕入れる

私が2014年にせどりで、売上500万円、利益100万円を突破した時の、仕入先はブックオフになります。ネットにはブックオフせどりに関する情報は多々ありますが、私はブックオフだけでも200店舗以上は回っているので、参考になる部分は多々あると思います。

ただ、ブックオフせどりでも、あなたが店舗せどり初心者であれば、メディアせどりにはお勧めしません。現在は出品制限などの問題もありますか、『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)で伝えているように、メディアせどりは非推奨ジャンルになります。これはメディアは稼げないといった話ではなく、初心者にとってメディアせどりは、リスクが高いということです。

上記を理解した上で、ブックオフせどりを実践する場合は、下記でお伝えしている『ブックオフせどりのコツ』『ブックオフせどりで気をつけるポイント』などを参考にして、あなたのせどりに活かしてください。

ブックオフせどりで月収100万円のコツ

私は2014年に店舗の仕入先をブックオフに絞って、月収100万円を突破しています。その結果を得るために、私が実践したことはブックオフで仕入れられる可能性がある商品のタイトルを覚えただけです。これは行動量が、かなり重要になる方法ではありますが、あなたの行動力が人一倍長けているなら、これだけでそれ相応の仕入れはできます。

ブックオフA店にA1といった商品が5,000円で売られていたのであれば、ブックオフB店、ブックオフC店でもA1は5,000円で売られています。つまり、ブックオフで仕入れられる商品のタイトルを覚えれば、後はその知識を生かして複数の店舗を回るだけで結果は得られます。

ものすごいシンプルな方ではありますが、月間ブックオフのみだけで30店舗以上、回れる行動力があれば、これだけで商品は間違いなく仕入れられます。ちなみに、どれぐらいの商品数を記憶すれば結果を得られるのかということですが、月収100万円を狙うなら商品棚(メディアのみ)を確認して、見たことがない商品がほとんどない状態まで持ってくる必要があります。

その状態になるまで、記憶と行動を積み重ねれば、会社員以上の収入を得ることは難しいことではありません。ただ問題点は、膨大な行動量が必要になることです。そしてブックオフのメディアせどりは、利益率が低いので、資金管理の理解が浅いと資金ショートしかねないので十分注意しなければいけません。

ブックオフの値付けを利用したせどり

ブックオフせどりで、月収100万円突破ということでシンプルな方法をお伝えさせてもらいましたが、膨大な行動量と利益率が低いという2つの問題点があります。その問題点はブックオフの値付けを利用することで、ある程度緩和させることができます。

ブックオフの値付けは更新が遅いのが特徴です。マスメディアの影響で価格が大きく跳ね上がった商品でも、ブックオフは値段を更新せず、据え置きになっています。そのタイミングで商品を仕入れることで、ブックオフの利益率の問題を緩和させることができます。

またマスメディアの影響で価格が大きく跳ね上がっているということは、その商品は多くの消費者に注目されているので、売れるスピードも早くなる傾向があります。その結果、資金ショートのリスクも低くなります。

ただ、この方法も問題はあります。それは、このノウハウで、店舗せどりを実践しいている方が大勢いることです。なので、商品を仕入れた時は利益率は高いけど、商品を納品して1週間後には赤字で販売しなければいけないくらいまで、相場が崩れていることも少なくありません。

この方法で店舗せどりを実践する場合は、商品の見極めが重要になります。マスメディアの影響によって世の中の多くの人が注目している商品を狙うのではなく、マスメディアの影響によって一部の人が、注目している商品を見極めて仕入れをすることで、ここで伝えた問題点を解決することができます。

ブックオフ仕入れで気を付けるポイント

ここまでブックオフで、店舗せどりを攻略するコツをお伝えさせていただきましたが、ブックオフで仕入れをする際に、気を付けるべきポイントがあります。それは、付属品の有無です。メディアせどりであっても、特定の付属品の有無で販売価格が1万円変わることは珍しくありません。しかし、ブックオフはそこを考慮していません。

ブックオフで付属品がすべて揃っていると思って、商品を仕入れても、価値のある付属品が欠品していることは多々あります。そうなった場合、付属品の価値が高ければ最悪赤字になってしまいます。それを避けるために付属品の有無はしっかりと確認しなければいけません。

ただ!!付属品の有無を確認する場合は、お客さんの迷惑にならないよう気を付けることを約束してください。一般のお客さんのことを考えずに、レジを独占して何十分も商品を確認している、せどらーもいますが、これはお店にとって迷惑でしかありません。

このようなせどらーは「俺も客なんだから商品はしっかりと確認させろよ!?」と主張しますが、仕入先、その他のお客さんのことを考えられない人が、人と人が大原則である商売で結果を残すことはできないことを覚えておきましょう。

ブックオフせどり 初心者は古本を狙う

ここまでブックオフの店舗攻略について解説していますが『ブックオフせどりは、初心者に不向きじゃないの?』そのように感じた方も多いと思います。これは結論からお伝えすると、ブックオフでメディアを狙うのであれば、初心者にはお勧めできません。ただ、あなたが古本を狙っているのであれば話は全く変わります。

ブックオフはDVD、CDの品揃えより、古本の品揃えの方が圧倒的に多いのが特徴です。そして、古本は専門書であれば500円で仕入れて、4,000円で販売できることも多々あります.。セット本を狙うのであれば、100円×20冊=2,000円で仕入れて、5,000円で販売するということも可能です。

つまり『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)で伝えているROI50%以上を確保できる商品が多々あるということです。これは、せどり初心者や資金が少ない方にとってはメリットです。なので、あなたがせどり初心者で店舗せどりを考えているなら、メディアではなく、古本を視野に入れて行動をしていきましょう。

ブックオフせどりは雑誌も狙い目

ブックオフでメディアや古本を仕入れている人は大勢います。ただ、雑誌を仕入れている人はかなり少数です。雑誌も古本と同じように100円で仕入れて、2,000円で販売することは全く難しくない商品です。なので、せどり初心者にとっては、取り組みやすいジャンルの1つになります。

雑誌で狙い目の商品は、人気のアイドルの幼い頃の写真が表紙を飾っていたり、人気アイドルがインタビューに答えているものになります。もちろん全てではありませんが、このような商品を200円で仕入れて、2,000円、3,000円で販売できることは多々あります。

映画のパンフレットも狙い目です。映画パンフレットは雑誌に比べて数は少ないですが、雑誌と同じで、これで利益を得ているせどらーは少数です。またモノレートの分析が難しいジャンルでもあるので、ライバルが参入しづらいということもメリットになります。

初心者にとっては情報が少なく、若干難易度が高いジャンルかもしれませんが、この分野を突き詰めておくことで、ライバルに邪魔されることなく、こっそりと結果を上げることが可能なジャンルです。

ブックオフせどりは家電が安い

ブックオフは古本やメディアを販売している店舗といったイメージが強いですが、2015年にハードオフとのフランチャイズ契約を解除して、家電を取り扱うようになっています。品揃えは家電を中心に取り扱ってる店舗と比べると、遥かに少ないですが、比較的家電が安いという傾向があります。

あなたがブックオフせどりをしていて、今後の取り扱いジャンルとして、家電を視野に入れているのであれば、ブックオフの家電からリサーチを開始していきましょう。ブックオフは家電の取り扱いが少ないので、家電を仕入れるためにブックオフに足を運ぶのは非効率ですが、既にブックオフで古本やメディアを仕入れているのであれば、効率的に高利益率の家電を仕入れることができます。

ただ、注意点としてブックオフは家電専門の店舗ではないので、検品が弱いという特徴があります。神奈川のブックオフ厚木戸室店くらい家電の品揃えが豊富であれば、特に心配する必要はありませんが、家電の品揃えが少ないブックオフにおいては、故障しやすい電化製品は十分注意した上で仕入れをするようにしましょう。

ハードオフせどりで高利益率を確保

ここまでブックオフの店舗せどりについてお伝えしましたが、ここからはハードオフの店舗せどりについて解説していきます。ハードオフは電化製品をメインに扱っているので、せどり初心者にとっては、難易度が高く感じるかもしれませんが、ハードオフはブックオフに比べて高利益率を確保しやすいといった特徴があります。

せどり初心者でもROI100%の商品を見つけるのは、そう難しい話ではありません。ROI100%を確保できるのであれば、多少売れ残りがあっても資金ショートすることはないので、ハードオフ仕入れは、初心者でも取り組みやすい店舗と言えます。

ハードオフせどりコツはSKU検索

ハードオフで店舗せどりをする場合『どの商品をリサーチすれば仕入れが出来るのかな?』といった疑問が出ると思います。これは、せどり初心者であればSKUを頼りにしてください。もちろん、このような小手先に方法論で大きな金額が得られるわけではありませんが、SKUを頼りにリサーチをしていれば、商品知識が全くなくても、それなりの仕入れは可能になります。

あなたが居住地以外の地域でも、積極的に店舗せどりに行っているのであれば、SKUを利用したリサーチだけでも、会社員以上の収入を得ることは可能です。あなたが副業で店舗せどりが、あまり出来ないとしても、SKUを基準にリサーチをしていれば、お小遣い程度の見込み利益は確保できるはずです。

そもそも、せどり初心者の方はSKUといった言葉に馴染みがないと思うので、簡単にSKUについて説明しておきます。

SKUとは

SKU(StockKeepingUnit)は受発注・在庫管理を行うときの、最小の管理単位を指します。ハードオフの値札下部に書かれている『商品番号:2021032800048』がSKUになります。

上記で解説したように、ハードオフの値札には『商品番号:2021032800048』といった数字が書かれています。この数字には商品を陳列した日付が記載されていることが多々あります。今回の例であれば、SKUに書かれている『20210328』の数字から、2021年の3月28日に商品を陳列していることが分かります。

この日付が新しい商品に絞ってリサーチすることで、他のせどらーがまだリサーチしていない商品をリサーチできる可能性が高くなるので、あなたが商品を仕入れられる確率が高くなります。SKUの日付は、過去1ヶ月~2ヶ月に絞ってリサーチをしてみてください。

2ヶ月前に陳列された商品になると『他のせどらーが、既にリサーチしているんじゃないの?』そのような疑問も出るかと思いますが『モノレートの使い方、見方を徹底解説』(こちら)で解説したとおり、せどり中級者でもモノレートのデータ分析が出来ていない人は大勢います。つまり、あなたがモノレートのデータをしっかりと分析できるのであれば、2ヶ月前に陳列された商品でも仕入れることは十分可能ということです。

ジャンクコーナーの稼働品をリサーチ

ハードオフにはジャンクコーナーが設けられています。ジャンクコーナーには故障品、訳あり品が陳列されているのですが、稼働品であっても製造年日が古いという理由で、ジャンクコーナーに陳列されている商品もあります。かなりハードオフのジャンクコーナーは全ての商品が壊れているというわけではありません。

そのジャンクコーナーにある稼働品を探し出してリサーチするで、高利益率の商品を仕入れられる確率がグンと上がります。ジャンクコーナーにある稼働品の見極めは値札を見れば分かります。故障品の場合は、値札に故障内容が書かれています。稼働品にはそのような表示はありません。

そのような値札を見つけたらリサーチをしてみてください。多くの場合は利益を見込める商品なります。ただ、ジャンクコーナーに陳列されている商品なので、その商品が本当に故障していないかを確認する必要があります。

ハードオフには動作を確認するためのスペースが用意されています。そこには電源コードや動作確認用のCD、DVDなどが用意されているので、それらを利用して動作を確認します。ここで動作を確認して問題がなければ、その商品を仕入れられるいうことです。

ハードオフの音楽機材で高利益額を獲得

『ハードオフの狙い目の商品は何ですか?』このような質問を受けることは多々ありますが、利益率ではなく、利益額に視点を向けるのであれば音楽機材がおすすめです。音楽機材はライバルが少なく、高単価なので利益額も1商品1万円以上ということは珍しくありません。

せどり初心者にとって1商品1万円以上の利益は魅力的だと思います。ただ、音楽機材は高単価なので仕入れミスをすると、損失も大きくなります。その点だけは十分注意してください。また、モノレートのデータが少ないのも特徴で、モノレートのデータ分析ができない人にとっては、仕入れ難易度がかなり高くなるジャンルです。

あなたがせどりで月収20万円以上稼いでいるのであれば、音楽機材を視野に入れていただいて全く問題ありませんが、まだ月収20万円にも到達していないのであれば、リスクが低いジャンクコーナーから稼働品を見つけてリサーチするようにしましょう。

ジャンクコーナーの故障品を修理する

ハードオフのジャンクコーナーには稼働品もありますが、9割以上は故障品になります。その故障品を修理することで、大きな利益を得ることも可能です。私のコンサル生の事例であれば、ジャンクコーナーにある商品を修理して、せどり開始半年で月収100万円を突破しています。

この時の商品の内訳は100%故障品修理になります。故障品の修理はジャンクコーナーの稼働品より利益率が高くなる傾向があるので、機械が得意な人は、ぜひ挑戦してみてください。ただ問題点として利益を大きくするためには、故障品をストックしておく場所の確保が必要になります。また、修理ということで作業工程が増えるので、大きな金額を稼ぐためには、雇用が必要不可欠になることを覚えておきましょう。

ハードオフ仕入れは故障に注意する

ハードオフは全体的に利益率が高い商品が多く、せどり初心者でも取り組みやすい店舗になります。ただ、電化製品を扱っている店舗なので、稼働品を購入しても壊れていることもあります。なので、ハードオフで商品を購入した場合は簡易的な動作確認をしましょう。ハードオフの商品は保証が付いているものが多いので、仮に不良品だった場合は、返金してもらうことが可能です。

また、同じ電化製品であっても壊れやすい商品、壊れにくい商品があるので、故障率が高い製品は販売経験を積みながら把握するようにしていきましょう。そうすることで、ハードオフで故障品を仕入れてしまう確率はグンと下がります。

オフハウスせどりでROI100%を確保

店舗せどりをオフハウスで実践する場合は、利益額ではなく利益率を狙っていきましょう。オフハウスはハードオフ、ブックオフと違って単価が低い商品の品揃えが豊富です。なので、1商品で1万円以上の利益を見込める商品は少ないですが、500円で仕入れて、2,000円、3,000円で売れる商品は多数はあるので、そういった商品を狙っていきましょう。

せどり初心者で販売経験が少ない場合は、このようなスタイルの店舗せどりで経験を積み、徐々に高単価なものを扱うことで、将来的に大きな利益額を得られるようになります。

オフハウスの未使用品を狙う

オフハウスで狙うべき商品は多々ありますが、せどり初心者におすすめなのが『未使用品』になります。オフハウスは中古品を取り扱っている店舗ですが、オフハウスの品揃えを見て頂ければ分かるとおり、結婚式の2次会の景品や、お祝い、お歳暮でもらうような商品が多々あります。つまり、中古ショップであっても未使用品の品揃えが多い店舗になります。

未使用品の例であれば『弁当箱』『水筒』は未使用品が販売されています。冷静になって考えて頂ければ分かると思いますが、オフハウスが使用済みの弁当箱や水筒を買い取るはずがありません。それに使用済みの弁当箱が販売されていても誰も購入しませんよね。

ただ、未使用品であっても買取品になるので、オフハウスは中古相場に合わせて価格設定をしています。(※全てでは、ありません。)その商品を新品価格に近い値段で販売することで利益を得ることができるのが、オフハウスの店舗せどりになります。この記事では、弁当箱と水筒を例に挙げさせていただきましたが、他にも未使用品は多々あるので、店舗せどり初心者の方は、未使用品を中心にリサーチしていきましょう。

未使用品は新品で売らない

店舗せどりで未使用品を購入して、新品で販売するといったノウハウを提供している情報発信者もいますが、未使用品であっても新品で売らないことを推奨します。未使用品を新品で販売しない理由の1つは、単純にモラルの問題になります。あなたがAmazonで購入した商品が、中古ショップの陳列されていた未使用品だったらどう思いますか?気にしない人もいるでしょうが、半数以上の方は良い気分ではないでしょう。

あとはアカウント停止のリスクがあるということです。未使用品を新品で売っているせどらーは新品で出品できるかを確認した上で、Amazonに納品をしているわけですが、人間なので確認漏れをすることもあります。そうなると、購入者から新品を購入したのに、傷があるとクレームをもらったり、新品を購入したはずなのに保証期間が切れていたり、説明書が欠品しているなどの指摘を受けることがあります。

このような状態が続けば、あなたのアカウントはAmazonに目をつけられることになります。そして、最悪の場合アカウントを停止されることになります。アカウント停止に追い込まれると、売上金の入金が保留されるなど死活問題とも言える処分が待っているので、オフハウスで未使用品を仕入れたからといって、新品で販売しないようにしていきましょう。

オフハウスの中古アパレルを仕入れる

オフハウスで『生活家電』『生活用品』を仕入れている人は多数いますが、アパレルを仕入れている方はかなり少数です。私も2016年頃に中古アパレルの販売を実践していましたが、中古アパレルはせどりの中でもライバルが圧倒的に少なく、高利益率を叩き出しやすいジャンルになるので、資金がないせどり初心者のにもオススメできるジャンルです。

ただ、中古アパレルはAmazonで販売できないので、メルカリやヤフオクで販売する必要があります。また、季節が大きく関係してくるジャンルになるので、販売時期を逃すと1年以上在庫を抱えるリスクもあるジャンルになるので、その点は注意しましょう。

利益額は300円で仕入れたスカートが、2,000円、3,000円で売れていくのは当たり前で、3,000円で仕入れたコートが10,000円で売れていくことも珍しくありません。あなたにアパレルの知識があるなら、取り組みやすいジャンルの1つになるので、ぜひ挑戦してみてください。

大型ベビー用品は仕入れやすい

オフハウスで仕入れられる商品は多々ありますが、せどり初心者が未使用品以外で仕入れやすいのは、上記の写真のような大型ベビー用品になります。商品によりますが、このような大型ベビー用品の相場は、中古で3,000円程度になります。ただ、オフハウスも大型商品をいつまでも店舗に陳列しておくわけにはいかないので、500円程度で売られていることは多々あります。

ベビー用品は子供が大きくなれば、利用しなくなる商品なので、リサイクルショップでよく見かけるジャンルの1つになります。また大型ベビー用品になると店舗も商品を陳列するためのコストが必要になるので、店舗側も低価格で販売しているということです。

大型商品は送料や保管手数料の問題でm敬遠されている方も多いと思いますが、1商品で1,500円程度の利益得ることは全く難しくないので、店舗せどりで仕入れが出来ていないのであれば、大型ベビー用品も視野に入れてみましょう。

オフハウスの滞在時間は長くても1店舗20分

オフハウスで、あなたが中古アパレルを仕入れているのであれば、この部分は気にする必要はありませんが、あなたが『生活用品』『生活家電』『ベビー用品』をオフハウスで仕入れているのであれば、オフハウスの滞在時間は長くても、1店舗あたり20分を目安にしてください。

店舗せどり初心者の方は『せっかく店に足を運んだかんだから、仕入れられる商品はすべて仕入れてやろう!』といった意識で、長時間リサーチをしていますが、せどりの本質は効率的に金を投資して、効率的に金を回収することです。なので、ブックオフやハードオフのように商品数が多くない店舗の場合は、仕入れられる可能性がある商品だけをリサーチして、次の店舗に向かうことで効率化を図っていきましょう。

セカストせどりで効率化を図る

セカンドストリートで店舗せどりをするコツは、オフハウスとハードオフの考え方を混合されるだけで問題ありません。セカンドストリートも大型のベビー用品は低価格で販売されている傾向があります。また、オフハウスと同じで未使用品も多ければ、中古アパレルの品揃えも豊富です。ハードオフで陳列されているような音楽機材やパソコン周辺機器なども販売されています。

セカンドストリートで効率的に、店舗せどりをするためには、オフハウスせどりのコツでお伝えした考え方と、ハードオフせどりでお伝えしたコツをうまく組み合わせていただければ問題ありません。セカンドストリートもオフハウス同様、中古アパレルを除けば品揃えが多いわけではないので、1店舗あたりの滞在時間は20分以内で考えてください。

無料マニュアル 一覧

無料動画セミナー 一覧

Achievements

Pickup article

PAGE TOP