fbpx

せどりで独立 起業した失敗エピソードとその対策

せどりの独立で失敗しない為に読む記事

せどり実践者には月数万円のお小遣いが欲しい人もいれば、脱サラをして独立 起業を考えているかと思います。このページでは、せどりでお小遣いが欲しい方ではなく、独立を目指している人、独立をしたばかりの方に向けて、独立後の失敗エピソードとその対策を詳しく解説していきます。

そもそもこの記事で、私のことを初めて知ったは『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

1月13日23:59募集停止

現在 募集受付中
実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

私自身せどりで独立をして利益を上げ続けています。そして、これまで数え切れないほどの独立希望せどらーの相談にも乗っています。相談者の中には、せどりで独立後に失敗をして相談に来る方もいれば、これから独立する為に相談に来る方もいらっしゃいます。

このように、せどりの独立に関する相談は幾度となく受けているので、あなたがせどりで独立を考えているのだれば、このページであなたの参考になるような部分は多々あるはずです。あなたがせどりで独立することに興味があるなら、このページを参考に現在の問題点を解決していきましょう。

動画でも解説しています。

※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

独立して失敗する最も多い原因

副業でせどりを開始して、本業の給料を超えたタイミングで起業を検討される方もいますが、起業して作業時間が増えたからと言って、全ての方の利益が右肩上がりになるわけではありません。

専業せどらーの方の中には、会社員を辞めて、せどりで独立したのはいいけど、利益が伸びずに頭を抱えている方も少なくりません。実際そういった方たちが、私が配信している無料オンライン講座(無料講座はこちら)を受講して、私に独立後の作業の流れについて相談をしています。

単純に考えれば、会社員として束縛される時間がなくなり、せどりに使える時間が増えたから収入は増えて当たり前なんじゃないの?って疑問もあるかと思いますが『独立後、事業を拡大するために融資を受けて、その融資をわずか数ヶ月で溶かしてしまった・・・』『資金ショート寸前で、副業の頃にためた貯蓄が、どんどん減っている・・・』このような相談は何度も受けてきました。

このような状況に陥ってしまう原因はキャッシュフローの理解の浅さだと言い切れます。あなたが既に、せどりで独立をしている。もしくは、独立を視野に入れているのであれば『キャッシュフローなんて、既に理解してるよ!?今さら何を言ってるの?』といった意見もあるかもしれませんが、実際のところキャッシュフローについて完璧に理解している、効率的に資金を回せている人は皆無に等しいです。多くの方が浅くしか理解できていません。

例えば、Amazonせどりを実践しているなら、売上の入金頻度は、基本的に2週間に1回になっているわけですが、この2週間に1回といった入金頻度を考慮すると、月間300万円の売上と、月間600万円の売上では、月間売上保留額がいくらになるか把握していますか?そもそも引当金とは別で、月間売上保留額が発生していることに気付いていますか?引当金が引かれているのであれば、それがどのような影響を及ぼすか把握していますか?

他の例を上げるのであれば、せどりで独立して、生活費で毎月30万円必要だとします。この場合、月間売上額300万円であれば利益率はどこまで落とせますか?月間売上額600万円になった場合は、利益率をどこまで落とせますか?月間売上額によって利益率をどこまで落とせるのか?売上額によって利益率を落とせる理由と、その答えを算出するためには、何を考えなければいけないか知っていますか?ということです。

これらを、すぐに答えられるのであれば、あなたはキャッシュフローについて考えてきた証拠です。しかし、この質問に答えられなければいけない意味が分からない。効率的に資金を回すためにで、この質問に何の意味があるの?と感じたのであれば、仮に副業で月100万円の利益を上げていても、キャッシュフローの理解は間違いなく浅いです。

そのまま月収100万円を稼ぎ続けるのであれば、せどりで独立した後に、資金ショートを起こす可能性は低いと思いますが、独立後に利益額をさらに上げようと思った時であったり、環境変化によって、現在のノウハウが通用しなくなり、売上額、利益額が減った場合にキャッシュフローの理解の浅さが原因で、資金ショートする可能性が高くなります。

じゃあ、どうすればいいのか?ってことですが、まずは、ここでお伝えしたキャッシュフローの理解をしっかりと深めることです。そして、次でお伝えしている起業後のイメージをしっかりと持つことが重要になります。

起業後の流れと投資先について

せどりで独立した後に、失敗をしない為には『キャッシュフローの理解を深める』ことが必要不可欠だとお伝えさせて頂いたわけですが、せどりで独立を考えているのであれば、起業をする前に、あなたの理解が正しいものなのか?ということを確認するために、イメージトレーニングを行ってください。

具体例を上げるのであれば、あなたが独立後に生活費で30万円必要なのであれば、Amazonからの入金された売上金からクレジットの支払い、その他経費を支払った上で、手元に30万円残せるのか?というのを試してみてください。

ここで『月間売上額200万円で利益率20%で、月間利益額は40万円になるから手元に40万円残るのは間違いないから大丈夫だよ!?』と思っているのであれば、かなり危険です。Amazonの振込は、基本的に2週間に1回の頻度で行われるので、月間売上200万円 利益率20%であれば、実際手元に40万円残るということは絶対ありません。

この意味と、月間売上額200万円で利益率20%だと、いくら手元に残るのかが答えられるのであれば、基本的に問題ありませんが、その解釈が間違っている場合もあるので、起業前にしっかりとイメージトレーニングをする必要があるということになります。

独立後は投資先について考える

せどりで独立する前に資金の流れをイメージトレーニングすることも重要ですが、それ以外に投資先について、しっかりと考えておく必要があります。この投資先の選択ミスをして、せどりで独立した後に失敗している方も大勢います。

この投資先については、キャッシュの流れを完璧に理解しているのであれば、基本的には問題ありませんが、せどりで起業するタイミングで融資を受けて、事業を拡大しようとされる方も大勢いらっしゃいます。

もちろん、融資を受けて事業を拡大するのは悪いことではないのですが、融資を受けて、そのお金で車を購入したり、資金に余裕があるからと言って、副業時代には仕入れていなかったものを、どんどん仕入れて資金が圧迫されている方もいます。

また、資金に余裕があるということで、無闇に高額塾やコンサルティングに申し込みをしたりと、大切な資金を無駄なところに投資してしまう方も少なくありません。

事業投資は、無闇矢鱈にするものではなく、最初は小さなテストを繰り返して、そこで投資額より、大きなリターンが得られることが分かってから、本格的に資金を投じていくことになります。

こんなことは、このページを読んでいるあなたであれば、言わずともご理解頂けているかと思いますが、ホントに融資を受けた途端に、借りている資金だということを忘れて、無駄に資金を使ってしまう方は少なくありません。

ということで、融資を受けるにしても、起業して新しいことに挑戦するにしても投資というのは、最初は少額を投資して、何度もテストを繰り返したうえで
、徐々に投資額を大きくしていくものだと頭の中に入れておいてください。

独立後は孤独感を感じるのか?

ここまで、せどり独立する前にキャッシュフローの理解を深めること、独立後の投資先についてお伝えさせて頂いたわけですが、会社員から起業するとなると一度は孤独感に悩まされるものだと思ってください。

起業すれば、孤独感を感じるといったことは、あなたも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、この孤独感は想像以上に厄介なものです。会社員をしていれば、いくら会社員に不満があっても、気の許せる仲間というのは一人くらいいるかと思います。

なので仕事をしていても、少しくらい雑談をするわけですが、起業して一人で仕事をすることを選択すれば、丸1日誰とも喋らなかったということも珍しくありません。私の場合は、数日間誰とも喋らないということもあります。

これは、人によるかと思いますが、これまで毎日人と接する環境で仕事をしていたなら、この孤独感というのは想像以上に苦痛になります。なので、起業を既に視野に入れているということなら、せどりで稼ぐことだけを考えるのではなく、どういったライフスタイルで生活するのか?といったことまで、しっかりと考えた上で起業することをオススメします。

あなたはお金と時間だけが欲しくて、起業を目指しているわけではないかと思います。少しでも人生を濃いものにするために、起業という1つの道を視野に入れているはずです。なので、起業して後悔をしないためにも、苦痛を感じないためにも、起業後の生活についても考えておくようにしましょう。

せどりで独立 起業した失敗 まとめ

せどりで独立後、失敗の理由として最も多いのが資金ショートです。そして資金ショートをする原因のほとんどがキャッシュフローの理解の浅さです。

なので、独立前には、しっかりとキャッシュフローの理解を深めて、イメージトレーニングを重ねる必要があります。また、融資を受けて失敗される方も多いので、融資を受けるのであればどのように、その資金を使うべきなのか?といったことを、しっかりと考える必要があります。

それ以外にも会社員から起業すると孤独感に悩まされることも少なくないので、起業後はどういった生活をするのか?ということも、しっかりと考えておきましょう。

また、せどりで独立したのであれば、根性論で利益を上げるのではなく、しっかりと仕組みを構築することを視野に入れた上で、行動を積み重ねることで、あなたの労働日数は会社員のときに比べて少なくなります。この辺りについては電脳せどりを半自動化させて月収100万円を狙うを参考にして頂ければ、せどりの外注化に役立つはずです。

せどりで独立した後に、四六時中働いて結果を掴んでいる方もいますが、しっかりと仕組みを構築して外注化をしていれば、作業時間は徐々に減ってくるので、このページを最後まで読んだあなたはこの部分も意識していきましょう。

せどり独立と失敗 関連記事

せどりで独立するタイミング 必要資金
脱サラで失敗回避する重要なポイント
せどりの失敗 現金が増えない理由
せどりで失敗する最も多い原因とは?

無料マニュアル 一覧
無料動画セミナー 一覧
PAGE TOP