fbpx

せどりで独立するタイミング 必要資金について

副業でせどりを実践されている方の半数以上は『将来はせどりで独立して飯を食っていくぞ!!』と考えられていると思います。これまで何度も『せどりで独立するタイミングはいつ頃がいいですか?』といった質問は何度も受けています。

この記事では『せどりで独立するタイミングと独立するために必要な資金について』2つ項目に分けて詳しく解説していくので、せどりで独立を考えている方は是非参考にしてください。

そもそもこの記事で、私のことを初めて知ったは『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

1月13日23:59募集停止

現在 募集受付中
実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

上記の実績に加えて、これまで何度も会社員の方を、せどりで独立できるように指導してきたので、この記事の正確性はそれなりにあると思います。

動画で詳しく解説しています。

※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

せどりで独立するために用意すべき資金

オフラインで店舗を構えてビジネスをするのであれば、起業するために資金が必要となる場合がほとんどですが、せどりというビジネスモデルで起業を考えているのであれば、必要経費は仕入れ資金、梱包材など比較的、低価格なものが多いので資金はゼロで全く問題ありません!!

いくら必要経費が少なくても、まったく資金を用意しないで、起業するなんて危なくないのか?という疑問もあるかと思いますが、既に、あなたにせどりで稼いでいく能力があるなら資金を用意したところで、その資金を使うことはありません。

逆に、あなたにせどりで稼いでいく能力が、まだ備わっていないということであれば、いくら資金があったところで起業するべきではありません。せどりで起業するために必要なものは資金であったり勇気ではなく、単純にせどりで稼ぐための能力のみとなります。

資金がなければ、独立しても売上を伸ばしていけないじゃん!という疑問も出てくるかもしれませんが、資金を用意しなくてもクレジットカードさえあれば、資金調達をする必要もないので、独立後、すぐに売上額を伸ばしていきたい!!ということであれば
資金を用意するのではなく、現在勤めている会社の名前を借りて少しでも多くのクレジットを作るようにしてください。

私の場合は、起業前に1100万円ほどまでクレジットの枠を大きくして起業したので、独立後、売上を伸ばすために資金が足りないという状況に陥ったことはありません。これは、あなたが求める収入にもよりますが、独立後、とりあえず安定して月収100万円を稼ぎ続けたい!ということであれば、あなたの現在のROIから必要なクレジットの限度額を算出してください。

仮にあなたのROIが50%であって、月収100万円を目指しているなら1ヶ月に最低200万円の資金が必要となります。ただ、ご存知のとおりクレジットカードの枠が200万円あったしても、毎月200万円使えるわけではありません。

毎月200万円使いたいということであれば、最低でも400万円の枠が必要という計算になります。せどりで独立して、すぐに売上を大きく伸ばしたい!ということであれば現金を用意するのではなく、金利がつかないクレジットで十分対応出来るということになります。

独立するタイミングは本業の給料超え?

せどりで独立するタイミングは、とりあえず本業の給料を超えてからだよね?と考えている方も大勢いらっしいますが、既婚者で守るべきものがある人以外は、本業の給料を超えなくとも起業すればいい!というのが私の見解になります。

さすがに、家族がいて住宅ローンがある!ということであれば、失敗する訳にはいきませんが、独身で、起業することを決意しているなら、せどりで失敗して、前の会社に戻れなくとも派遣社員やアルバイトを視野に入れれば、仕事がないということは基本的には考えられません。

つまり、飯が食えなくなるというこないので、本業の給料を超えなくとも、せどりというビジネスに可能性を感じて既に、ある程の収入を得ているなら起業するべきです。

あなたの生活費の1.5倍くらいの収入をせどりだけで稼げているのであれば、せどりでの独立を視野に入れても問題ありません。会社員の給料を超えないと不安なんだよねーとう気持ちもあるかもしれませんが、脱サラをすれば、せどりに使える時間が増えるので、あなたの売上があがっていくのは間違いありません。

仮に、あなたが独立で毎月10万円生活費があれば足りる!ということであれば15万円で独立しても、あなたにせどりで稼ぐ能力が備わっているなら、翌月、もしくは翌々月に30万円稼いでいてもなんら不思議ではないということです。

ただ、前回の更新の『せどりで独立 起業した失敗エピソードとその対策』(こちら)でお伝えさせて頂いたように、キャッシュフローの理解が浅いうちに、起業してしまうと、月間売上も利益率も悪くないのに手元にお金が残らないということであったり最悪、資金ショートしてしまう可能性もあるので、現在のせどりの収入が50万円であろうが、100万円であろうがキャッシュフローについてしっかりと理解したうえで、独立するようにしましょう。

既に、起業を視野に入れているということであれば、こちらの記事をあわせて読んでみてください。

『せどりで独立 起業した失敗エピソードとその対策』(こちら)

せどりで独立するタイミング 資金のまとめ

独立となると、それなりに資金が必要だよね?と考える方は少なくありませんが、せどりというビジネスは仕入れ資金以外に必要な経費というのは、少ないので資金ゼロで独立しても全く問題ありません。

金額的な面で独立のタイミングを判断するなら会社員の給料を基準にするのではなく、あなたの生活費の1.5倍の収入を得られたら独立するには妥当な数字だということになります。

ただ、キャッシュフローの理解が浅い状態で独立をすると資金ショートする可能性もあるので、副業でいくら稼いでいてもこの部分はしっかりと理解したうえで独立してください。

また、せどりを効率化させるためにも無料オンライン講座(こちら)で伝えている資産構築がなければ、起業後は死にものぐるいで働かないと生活が出来ないといった状況に陥りかねないので十分注意してください。

無料マニュアル 一覧
無料動画セミナー 一覧
PAGE TOP