fbpx

せどりの全頭検索は絶対にNG!全頭検索せどりは運任せのお小遣い稼ぎ

せどりの全頭検索は未来がない非効率な行動

ネットには、せどりの全頭検索は登竜門だといった記事がありますが、この記事を読んでいるのであれば『全頭検索って効率悪くない?それで稼げるようになる根拠は?』といった疑問を持っているのではないでしょうか?その感覚は正常です。むしろ、全頭検索が登竜門だと思っていれば稼げない道を歩むことになります。

この記事では、せどりの全頭検索は非効率であり、将来性が全くないリサーチだということをお伝えしていきます。そして、全頭検索をしないのであれば、どのようなリサーチをしなければいけないのか?といった部分までお伝えしていきます。

そもそもこの記事で、私のことを初めて知った方は『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

1月13日23:59募集停止

現在 募集受付中
実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

現在は上記のような実績を残していますが、全頭検索で稼いだのか?と言われれば、当然そんな非効率なリサーチはしていません。また私のコンサル生も誰ひとりとして全頭検索はしていないので、この記事の正確性はそれなりにると思います。

せどりの全頭検索は無意味


この記事のタイトルにあるように、私は全頭検索は無意味だと考えています。あんな非効率なリサーチを根性論で繰り返すのは疑問でしかありません。ただ、情報発信者のなかには、全頭検索といった化石化した情報を伝えている情報発信者が大勢いるのが現状です。

そうなると初心者からすれば『全頭検索は無意味なの?それとも登竜門なの?』といった感じで迷いが生じると思うので。まずは、なぜ全頭検索は無意味なのかをお伝えしていきます。

全頭検索は運任せ

あなたも薄々は気付いていると思いますが、全頭検索は運任せのリサーチになります。店舗せどり、電脳せどりにしても、とりあえず片っ端からリサーチをして価格差がある商品を探すわけですから、戦略もテクニックもない状態ですよね?

確かに、全頭検索をしていれば儲かる商品を見つけることは出来ます。でも、これって当り前のことなんですよね。その辺にある店舗、ネットショップで片っ端からリサーチをしていれば、その中の数%は価格がある商品があっても何も不思議なことではありません。

ただ、問題は儲かる商品は何千点とある商品のうちの数%しかありあません。それを片っ端からリサーチするのは、非効率でしかないし、運任せとしか言いようがないよですね?

全頭検索を推奨している情報発信者は『全頭検索を繰り返していれば商品知識が付くから、将来は稼げるようになります!』といった主張をするわけですが、商品知識を付けるといった理由があったとしても、世の中には数え切れないほど商品があるわけですから、それを1つ1つ確認するというのは非現実的になります。

どり初心者は『経験を積んで、商品知識を付ければ稼げるようになる!』と言われば、納得するのかもしれませんが冷静に考えてください。世の中には数え切れないほど商品が存在するわけですから、それは運任せの行動であり、ビジネスとは程遠いものになります。

労働から抜け出せない

全頭検索が登竜門だと主張している情報発信者は、自分が全頭検索を乗り越えて稼げるようになっているから全頭検索を推奨している事が大半ですが、全頭検索で稼げるようなると労働集約型のせどりから抜け出せなくなります。

これは全頭検索を推奨している情報発信者を見て頂ければ明らかです。効率化、仕組み化が疎かになっているので、行動量でなんとか稼ぎを得ている状態です。これは、全頭検索で稼ぎを得られるといった経験が脳に染み付いてしまって効率化、仕組み化の重要性を無視して、作業を続けた結果です。

もちろん、このような稼ぎ方でもいいなら、根性論で全頭検索をして商品知識を付けて頂ければいいわけですが、私のように労働日数2日で月収100万円を突破したいのであれば、全頭検索ではなく、効率化、仕組み化を考えていかなければいけないという事です。

全頭検索はお小遣い

せどりで稼ぎを得たいのであれば、効率化、仕組み化は絶対条件になります。ただ、効率化、仕組み化なんて面倒なことをしたくないのであれば、非効率ではありますが全頭検索でお小遣いを稼ぐという選択肢も考えられます。

はっきり言って全頭検索でせどりを実践するなら、アルバイトをした効率的です。給与も約束されているわけですからね。ただ、人によってアルバイトが出来ない環境の方もいれば、人付き合いが苦手でアルバイトをしたくない方もいるでしょう。

そういった方は、全頭検索で数万円のお小遣いを稼ぐという選択肢も一応あります。ただ、あまりにも非効率なので、それだったらWebデザイン、動画編集技術などを覚えてフリーランスとして活動することをおすすめします。

あくまで、全頭検索で一応お小遣いを稼ぐことも出来るよ?という事です。全頭検索のせどりであればフリーランスと比較して責任も少ないですし、個人で手軽に始めることが出来ますからね。

全頭検索ではなく基準採用


ここまでの解説で、せどりの全頭検索は非効率だという事は分かって頂けたかと思います。ただ『せどりの全頭検索が無意味であれば、オレは何をすれば稼げるようになるの?』といった疑問が残ると思います。

これは『基準を採用して基準を改善する』というのが答えになります。この作業を繰り返して頂ければ作業を効率化させることが出来るので、あなたの時給が上がります。そして将来的には、その基準を利用して仕組みを構築することが可能です。ここからは、この部分についてお伝えしていきます。

リサーチ基準を設ける

全頭検索は基準を持たないリサーチになります。これの基準を持たないリサーチが運任せであり、非効率の原因になります。なので、リサーチ基準を設けなければいけません。何を基準に商品をリサーチして、何を基準にリサーチをしないのか?という事を決めてください。

例えば、象印の空気清浄機であれば中古相場は4,000円のものが多いから、販売価格が2,000円以下であればリサーチするといった具合に、価格でリサーチ基準を設けてください。そうするとこで運任せのリサーチではなくなるので、リサーチ効率は格段に上がります。

リサーチ効率が上がれば、仕入れ量も自然と増えてくるので稼ぎも増えてきます。そして、精度の高いリサーチ基準があれば、あなたが商品をリサーチしなくても、電脳せどりで他者に作業依頼をすることも出来るので将来性に繋がるということです。

全頭検索の5倍の利益

リサーチ基準を設定したら、最初の頃は1ヶ月に1回はリサーチ基準を改善してください。せどり初心者が商品相場を確認にしてリサーチ基準を設けても、そのリサーチ基準が的外れになっていて効率的にリサーチが出来ていないといった問題が起こることがあります。

このような事態を避けるために、リサーチ基準を設けたら1ヶ月に1回は見直すようにしてください。ネットで商品相場を確認してリサーチ基準を設けたら、そのリサーチ基準で商品をリサーチして見て、そこで効率が悪いのであれば、効率が悪い原因を特定して改善をするという事です。

このような作業を繰り返して頂ければ、全頭検索の5倍の稼ぐを得ることは何も難しくありません。そして、全頭検索のように、その場しのぎのリサーチではないので、作業すれば作業するほど、あなたの利益に繋がるという事になります。

せどりの全頭検索 まとめ


この記事では、せどりの全頭検索について様々なことをお伝えさせて頂きましたが要点はまとめると以下になります。

・全頭検索は将来性がない
・全頭検索は運任せになる
・リサーチ基準を設ける
・リサーチ基準は改善する

この記事では、せどりの全頭検索について解説しているので、せどりの具体的な稼ぎ方についてはお伝えしていません。せどりの具体的な稼ぎ方については初心者が最速で結果を得るための基礎知識で1万文字以上で解説しているので、この記事と合わせて参考にしてください。

また、全頭検索が登竜門と言われている事からも分かるように、せどりは労働集約型のビジネスだと誤解している人は大勢います。せどりは労働集約型ではなく、資産を構築しながら少ない作業時間で稼ぎを増やしていけるものです。

資産を構築して、せどりに取り組んでいれば週休5日で会社員以上の稼ぎを得ることも難しくありません。この部分についは無料オンライン講座(こちら)で動画を利用してお伝えしているので興味があれば、ぜひ参考にしてください。

せどり初心者の関連記事

せどりで仕入れできない悩みを解決
せどりで失敗する人の特徴と原因
せどりは売り方で利益が2倍変わる

無料マニュアル 一覧
無料動画セミナー 一覧
PAGE TOP