電脳せどりのリサーチ方法を伝授「月収100万円は狙えます」

電脳せどりで求めている結果が掴めない人は、当然何かしら原因があるわけですが、その最たるものがリサーチ力の欠如です。私だけではなく、せどりで大きな結果を残している方の多くはリサーチ力は必要不可欠な能力だと主張しています。私もそこに対して、異論はありません。

ただ、せどりで起業するくらいのレベルを求めているのであれば、正直リサーチ力が欠如しているというのは大袈裟だと感じます。せどりは、自社で商品開発をして販売するわけではないので思ったような結果が出ない人は、リサーチ力が欠如しているのではなく、単純に、どういったリサーチをすればいいのか知らないだけです。

この記事では、電脳せどりで思ったように結果が得られていない人に向けて、電脳せどりのリサーチ方法について詳しく解説していきます。この記事を参考に、どういった視点でリサーチをすれば仕入れが出来るのかを学んで頂ければと思います。

また、この記事は2016年に公開された記事になります。現在でも本質は変わりませんが、電脳せどりの最新情報は『電脳せどりを半自動化させて月収100万円を狙う』(こちら)で解説しています。こちらのページを読み終わったら最新版の記事も参考にしてみてください。

そもそもこの記事で、私のことを初めて知ったは『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

上記の実績にある労働日数2日で月収100万円突破は、この記事でお伝えしている電脳せどりのリサーチをお葉して仕組み化して得た結果になります。電脳せどりに関する情報は多々ありますが、このような実績を積み重ねて、現在に至るので参考になる部分は多々あるかと思います。

この記事では電脳せどりのリサーチについて細かく解説していきますが、せどり初心者で基礎知識が不足していれば、この記事で伝えている内容を理解できないかと思います。そういった場合は『せどり初心者が最速で結果を得るための基礎知識』(こちら)で解説している基礎知識を理解したうえで読み進めてみてください。

動画でも詳しく解説しています

※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

リサーチは3つの構造で成り立っている

電脳せどりに限らず、店舗せどりでも同じことが言えますが、あなたは『リサーチ方法が分からなければ、稼げるわけがない!』ということで、この記事を読んでいると思いますが、せどりで稼ぐためのリサーチは、3つの構造で成り立っていることを理解してください。

この辺りについて詳しく解説している人は、私が知る限りではいないわけですけど、既に結果を残されている方はリサーチは3つの構造で成り立っているということは、言葉として表現することはないかもしれませんが、必ず理解されているわけで、ここを理解していないと稼ぐことは難しくなります。

では、その3つの構造って何?ってことですが

1.売れ筋商品をリサーチする
2.可能性が高いものをリサーチする
3.価格差があるものをリサーチする

リサーチはこの3つで成り立っているということになります。

まず、売れ筋商品をリサーチするということですが、せどりは、販売することが出来れば何でもいい!ってことではありません。せどりは安く買って、高く売るのが本質である。ってことを主張する方もいらっしゃるわけですが、私は、それだけがせどりの本質だとは考えていません。

安く買って、高く売っても、お金が回らなければ飯は食えないわけですからね。つまり、せどりの本質ってのは安く買って高く売るのは大前提であってお金を回していくのが、せどりというビジネスの最も重要な部分で本質であると考えています。

あなたにとっての売れ筋をリサーチ

つまり、まずは、あなたにとっての売れ筋商品をリサーチする必要があるということです。この『あなたにとって売れ筋』ってのが重要な部分になります。お金を回すのが、せどりの本質だと考えるのであれば、Amazonに出品してから販売までに2ヶ月かかったとしても、あなたの利益率であったり資金力で出品から販売まで3ヶ月あればお金が回るなら販売までに2ヶ月かかる商品であっても、あなたにとっては売れ筋商品になるわけです。

まずは、この『あなたにとって売れ筋の商品』をリサーチしていく必要があります。

じゃあ、どうやってリサーチすればいいのか?ってことですけど、これは、めちゃくちゃ単純です。例えば、あなたが中古のビデオデッキを、あなたが求めている期間内に販売出来たのであれば、その関連商品で、あなたにとっての売れ筋商品がないかな?ってことをリサーチすればいいだけです。

Amazonには商品ページの下に、関連商品が表示されていますし、SONYのビデオデッキを販売したのであれば他のSONYのビデオデッキで、あなたにとっての売れ筋商品はないかモノレートを使ってリサーチすることが出来ますよね。

で、SONYのビデオデッキが売れ筋だってことが分かったのであれば、じゃあビデオ一体型のDVDプレイヤーはどうだろ?ってことでリサーチすることが出来ます。つまり、一度でも販売経験があるのであれば、その商品から関連商品をリサーチしたりその商品の特徴を調べて、その特徴を持っている他の製品をリサーチすればいいだけです。

こういったリサーチを繰り返していれば『あなたにとって売れ筋の商品』ってのは、すぐに見つけることが出来ます。で、次にやるべきことが『可能性が高いものをリサーチする』ってことなんですけど、これは、仕入れられる可能性が高いものをリサーチする必要があるということです。

可能性が高いものをリサーチする

いくら売れ筋であっても仕入価格が高い商品をリサーチしていても、当然仕入れられれないわけです。なので、あなたにとっての売れ筋を見つけたのであれば、次は、今後無駄なリサーチを減らすために、仕入れられる可能性が高いものを事前にリサーチしておく必要があるということです。

じゃあ、仕入れられる可能性が高いものを、どうやってリサーチすればいいのか?
ってことなんですけど、これは、次の項目のトレンドをリサーチする必要はない。ってところで、詳しく解説していきますので、今はあなたにとっての売れ筋商品をリサーチしたら仕入れられる可能性が高いものをリサーチすればいいんだ!ってことを頭に入れておいてもらえればOKです。

で、その次にやることが『価格差があるものをリサーチする』ということになります。

これは、詳しくお伝えしなくても理解されている方がほとんどかと思いますが、電脳せどりであれば、オークションサイトネットショップを使って、Amazonと価格差があるものを調べるということです。

店舗せどりであればスマホを使ってAmazonと価格差があるものを調べるということです。つまり、リサーチに悩んでいる人は、この3つのリサーチのうちどれから1つしか実践していないことが多いんですよね。

売れ筋商品をリサーチするってところで見れば、とりあえず今旬なものをリサーチしている方ですね。これだと確かに売れ筋商品は分かるわけですけど、夏になれば店舗であろうが、電脳であろうが扇風機の価格が高くなるのは当然であって仕入れられる可能性が低いんですよね。

なので、この売れ筋商品だけをリサーチしているってことであれば、仕入れ量が伸びていかないのは、当然のことなんですよね。仕入れられる可能性が高いものをリサーチするって部分に関しては、せどり初心者であればあるほど、実践している人は少ないわけですけど、このリサーチだけだと仕入れられる可能性が高くても、あなたにとっての売れ筋商品を扱っていなければ、お金が回らなくなってしまうんですよね。なので、結果として仕入れられらないということになります。

価格差があるものをリサーチする

次に、価格差があるものをリサーチするってことに関しては、電脳せどりであれば、とりあえずネットショップを開いてみてAmazonと価格差がある商品を調べている状態です。店舗であれば、何も考えずに闇雲に商品をリサーチしている状態ですね。この価格差があるものをリサーチするって作業は稼ぎに直結するので一応このリサーチ方法だけでも数をこなせば商品を仕入れられるわけですけど、これじゃあ、すごく効率が悪いですし
これだったらバイトをしたほうがマシじゃん!ってなることがほとんどです。

つまり、リサーチってのはこの3つの構造があってリサーチなわけであって、どれが欠けていても、せどりで稼ぎ増やしていくことは出来ないということになります。

トレンドをリサーチする必要はない

電脳せどりで数年前から語られているノウハウとしてあるのがトレンドリサーチです。タイアップせどりであったり、トレンドせどりなんて感じで呼ばれているものですね。例えば、何かしら映画が始まったのであれば、その映画の関連商品の価格が高騰するから関連商品をリサーチして、利ざやを抜くといった方法になるわけなんですけど、これは、ライバルがもの凄く多いので稼げないことはないですけど現在では、電脳せどり初心者が取り組むべきノウハウじゃないんですよね。

あなたも、日経エンターテイメントから流行を探れ!ってことは一度は聞いたことがあるかと思います。つまり、みーんな知っていることで、みんなやっていることなんですよね。

確かに今でも映画などのトレンドに合わせて、商品価格というのはあがってくるわけなんですけど、それと同時に出品者数がめちゃくちゃ増えてくる傾向がかなり強いんですよね。それでも、あなたがタイミングよく商品を売り切ることが出来れば利益を残すことが出来るわけですが、出品者数が増えているということはライバルが群がっているということであって価格競争が始まってしまうんですよね。

そうなると最悪赤字出品をしたり薄利で販売しなければいけないということになってしまいます。このトレンドをリサーチするってのは、リサーチは3つの構造で成り立っているってとこで説明した仕入れられる可能性が高いものをリサーチしていることにはなるんですけど、価格競争を引き起こす可能性が高いものをリサーチしているのと同じことなんですよね。

じゅあ、価格競争になりにくい仕入れられる可能性が高いものをどうやってリサーチすればいいのか?ってことなんですけどこれも、難しいことを考える必要は全くありません。多くの方が、せどりというビジネスを難しく考えすぎています。

答えは、出品者数を意識する!たったこれだけでOKです。いつも出品者数が少ないということはライバルが少ないということですよね。つまり、価格競争が起こりにくいということは、すぐにご理解して頂けるかと思います。

で、なんで出品者数が少ない商品は仕入れられる可能性が高いのか?ってことなんですけど、これは1人出品者が減れば価格が高騰する可能性が高いからです。

例えば、出品者数が3人の商品があったとしますよね?

ショップAは12,000円で販売しています。
ショップBは16,000円で販売しています。
ショップCは19,000円で販売しています。

そうなると、ショップAが売れた瞬間、Amazonの最安値が16,000円になるわけなんですよね。ここで、すぐに価格が12,000円に戻るんじゃないの?って考える人も結構な数いらっしゃると思いますけど、普段から出品者数が少ないということは、それだけ希少価値が高かったり、他のライバルが仕入れ対象外として判断している商品になるんですよね。

なので、価格が戻ることも、もちろんあるわけなんですけど、いきなり価格が暴落するってことは、ほとんどないんですよね。冷静に考えて頂ければ分かるかと思いますが、他の出品者もやっぱり少しでも高く売りたいわけですよ。

なので、無闇やたらに価格を下げてくるということは基本的にはありません。だから、この出品者数が少ない商品を仕入れられる可能性が高い商品として、リサーチしておく必要があるということです。それでもって、『あなたにとって売れ筋商品』であればお金もうまく回ってくれるというわけです。

月収100万円を稼ぐためのリサーチ

最後に月収100万円を稼ぐためにはどういったリサーチをすればいいのか?ってことなんですけどこれは、ここでお伝えした3つのリサーチ構造を理解して1つも欠けることなく実践していくだけ月収100万円というのは間違いなく到達出来ます。

あとは、無料オンライン講座(こちら)で伝えている資産構築を意識してもらえればOKです。私自身、起業してから社員ゼロで外注スタッフのみ雇用して、月収7桁を下回ったことはないわけですけど、私がやっているリサーチというのはここでお伝えしたことで全てです。

世の中の大半の人は行動をしないわけなので、この記事を読んで稼げるようになる人は、ごく一部だとは思いますが、私がやっているリサーチ方法は、たったこれだけのことであって私のところの、外注スタッフにもこのリサーチ方法を伝えて、毎月商品を仕入れてもらっています。

なので、ここまでこの記事を読んでいる勉強熱心なあなたには、この記事でお伝えしたリサーチ方法を丁寧に実践して頂いて結果を掴んでもらえればと思います。

電脳せどりのリサーチ方法まとめ

電脳せどりのリサーチ方法を知りたいと考えている方は大勢いらっしゃるわけですが、稼いでいるせどらーが実践しているリサーチ方法というのは、すごく単純なものばかりです。

ただ、初心者の方で、リサーチは3つの構造で成り立っているということを理解されている方がものすーごく少ないので稼ぎに繋がるリサーチが出来ないというのが現状です。なので、このページをここまで読んだあなたは

1.売れ筋商品をリサーチする
2.可能性が高いものをリサーチする
3.価格差があるものをリサーチする

この3つを意識して、電脳せどりで望んでいる結果を手にして頂ければと思います。とは言ったものの、リサーチについてもっと具体的なことが知りたいってことであったり、せどりで稼ぐためにより濃い情報が欲しいって方もいらっしゃるかと思います。

そういった濃い情報を仕入れてより早く、より大きく稼いでいきたいということであれば、無料オンライン講座の内容を参考にして頂ければと思います。

この記事は2016年に公開された記事になります。現在でも本質は変わりませんが、電脳せどりの最新情報は『電脳せどりを半自動化させて月収100万円を狙う』(こちら)で解説しています。

無料マニュアル 一覧

無料動画セミナー 一覧

Achievements

Pickup article

PAGE TOP