fbpx

せどり初心者におすすめのジャンル!初心者でも儲かるジャンルはある

せどり初心者でも儲かるジャンルについて

せどりでおすすめのジャンル選定方法

せどり初心者の定番の悩みに『せどり初心者はどのジャンルを扱えば、儲けることが出来るんだろう?ジャンル選定に迷って行動ができない』 といったものがあります。この定番の悩みに対してネットでは『中古家電は利益率が高いから1番儲かるジャンルだ!』『せどりは回転率がいいジャンルが儲かる!』といった、本当にせどり実践者が書いた記事なの?と疑うような浅い内容が飛び交っています。

この記事では、せどり初心者はどのジャンルを選ぶべきなのか?せどり初心者でも、そのジャンルであれば儲けられる具体的な理由は何なのか?ということを細かく伝えていきます。

今回の記事はせどり初心者におすすめのジャンルを伝えるものです。せどり初心者といった条件を無視して、単純に儲かるということに視点を当てるのであれば、高単価商品が多数存在するジャンルを扱うことで利益額を増やしていけます。ただ、それはせどり初心者にとってリスクが高いので、この記事はせどり初心者、副業でせどりを取り組むことを前提に、せどりで儲かるジャンルを伝えていきます。

そもそも、この記事で私のことを初めて知った方は『この記事にそこまでの信憑性はあるの?』と疑問に思いますよね。ということで簡単に実績をお伝えしておきます。

1月13日23:59募集停止

現在 募集受付中
実績紹介

・副業でせどり開始8ヶ月後に月収100万円
・店舗のみで月収100万円 労働日数10日
・1年後、労働日数2日で月収100万円突破
・直接指導した生徒2名は月収150万円超え
・直接指導した生徒8名は月収100万円超え
・運営サロンのメンバー50%以上が起業家

上記のような実績を積み重ねて現在に至ります。これまでせどり未経験者、初心者方に指導してきたので、この記事の内容の正確性はそれなりにあると思います。この記事では、せどり初心者におすすめのジャンルを複数紹介していくので是非参考にしてください。

せどり初心者でも儲かるジャンル

せどりにおすすめのジャンルの条件とは
せどり初心者でも儲かるジャンル、せどり初心者におすすめのジャンルは複数あります。ただ、なぜそのジャンルがせどり初心者にとって、おすすめなのか理解せずに仕入れをしていても効率的とは言えないので、まずは、せどり初心者でも儲かるジャンルとは、どのような条件を満たしたものなのか?ということを知ってください。

文頭でもお伝えさせて頂いたとおりネットには『儲かるジャンルは高利益率のものです』『儲かるジャンルは回転率がいいものです』このような浅い情報が蔓延しており、その情報を鵜呑みにして行動した結果、一生稼げないせどらーになってしまう可能性もあるので、せどり初心者でも儲けることが出来るジャンルの条件をしっかりと理解しておきましょう。

仕入れ単価が低いジャンル

せどり初心者におすすめのジャンルの1つ目の条件は、仕入れ単価が低い商品になります。仕入れ単価が低いジャンルをおすすめしている理由は3つあります。その3つの理由は下記になります。

・最小限のリスクで実践できる
・低資金で始めることができる
・利益率が自然と高くなるから

『最小限のリスクで実践できる』
仕入単価が低ければリスクを最小限に抑えることが出来ます。仕入れ価格1,000円の商品と、仕入れ価格10,000円の商品であれば、価格競争に巻き込まれた場合や仕入れミスをしした場合、後者の方がダメージが大きくなります。当然のことですよね?

仕入れ価格1,000円であれば、仮にその商品価格が0円になっても損失は1,000円で抑えられます。仕入れ価格10,000円の商品価格が0円になれば、損失は10,000円になります。せどり初心者にとっては大きな違いですよね?あなたが既に、せどりで儲けているのであれば、多少のリスクを背負って、仕入れ単価が高い商品を扱ったほうが利益額が高くなるわけですが、せどり初心者であれば考え方は変わります。

私は2014年からせどりを開始して、これまでに大勢のせどり初心者を指導させて頂きましたが、せどり初心者はリスクを恐れて行動を制御してしまいがちです。その結果、仕入れ経験や販売経験が積めず収入に伸び悩んでいるといったケースが多々あります。なので、まずは仕入れ価格が抑えられるジャンルを選定して、仕入れ経験や販売経験を積むことを優先していきましょう。

『低資金で始めることができる』
初心者の定番の悩みに資金がないといったものがあります。これは、正しいせどりの知識やキャッシュフローの知識があれば、クレジットカードを利用して、手元にない資金を使って利益を得ていくことが可能になります。ただ、せどり初心者にそんな事を言っても怖いだけですよね?それにクレジットカードが作れない環境のせどり初心者の方もいます。

そうなると手元にある少ない資金で、せどりを実践するしかありません。そのためには仕入れ単価を上げるのではなく、仕入れ単価を下げる必要があります。1商品あたりの平均仕入額300円のジャンルであれば、5万円の資金があれば166個の商品を仕入れることが出来ます。この166個の商品は、あなたの仕入れ能力の向上、販売経験の蓄積に貢献してくれます。そして166個の商品を販売すれば16万円以上の利益を得ることも可能になります。

これが平均仕入額10,000円で、せどりに利用できる資金が5万円であれば、5個しか商品を仕入れることが出来ません。これでは仕入れ回数も販売回数も少ないので、あなたの仕入れ能力の向上に貢献してくれません。そして先程の例のように、16万円の利益を得ようと思えば1商品あたり3万円の利益が必要になります。せどり初心者にとっては非現実な話になります。

『利益率が自然と高くなるから』
仕入れ価格が低いジャンルは利益率が自然と高くなります。例えば仕入れ価格1,000円、販売価格3,00円であれば価格差は2,000円で倍率で見ると3倍になります。このような商品は店舗せどりでも電脳せどりも仕入れることは難しくありません。

これが仕入れ価格10,000円になると、同じ3倍の価格差で商品を仕入れる難易度は飛躍的に上がります。10,000円の3倍は30,000円なので、価格差は20,000円になります。市場価格より20,000円も安い商品が世の中に溢れていると思いますか?そんなわけないですよね。つまり、同じ利益率を確保しようと思ったら、仕入れ単価が高いジャンルより、仕入れ単価が低いジャンルを選んだ方が、難易度は遥かに低くなるということです。

ここで、なぜ利益率を高めなきゃいけないの?といった疑問もあるかと思うので、この部分についても回答しておきます。せどり初心者、中級者の相談内容で多いものに『キャッシュが回らない』といったものがあります。それを回避する方法は多数存在しますが、その中の1つに利益率を高めるというものがあります。

例えば、1個1,000円の商品を10個仕入れて、1個あたりの利益額が300円であれば、損益分岐点は商品を7.6個販売することになります。1個1,000円の商品を10個仕入れれば、仕入額の合計は10,000円ですよね?その10,000円の資金を回収するには『仕入合計額10,000円÷(利益額300円+原価1,000円)=7.6』という計算になります。つまり、8個商品を販売しなければ資金を回収することは出来ません。これはせどり初心者にとって難易度が高くなります。

これが1個あたりの利益額が1,000円になれば『仕入合計額10,000円÷(利益額1,000円+原価1,000円)=5』という計算になります。つまり、仕入れた商品が半分売れ残っても資金を回収することが出来ます。そして、先程お伝えしたように、仕入れ価格が低いジャンルを扱っていれば1,000円で仕入れて3,000円で販売するのは難しいことではないので、仕入れにも資金回収にも困らないということです。なので、せどり初心者には、仕入れ単価が低いジャンルをおすすめしています。

高利益率を狙えるジャンル

せどり初心者におすすめのジャンルの2つ目の条件は、高利益額ではなく、高利益率を狙えるものになります。 この理由は、先ほどお伝えしたキャッシュ・フロー(資金回収)の難易度を下げるためになります。先ほどの例では利益率を高めることで半分売れ残っても資金回収ができるとお伝えしましたが、仕入れ価格が低く、高利益率の商品を扱っていれば、70%の商品が売れ残っても資金回収ができるといった事が起こります。

せどりの正しい知識があれば70%の商品が売れ残ることは、ありえない話ですが、せどり初心者の方は右も左も分からない状態です。なので、キャッシュフロー能力が上がるまでは、高利益率商品を扱って資金を回していくことをおすすめします。このキャッシュフロー問題は、せどり中級者からも頻繁に頂く相談内容なので、この記事を読んでいるあなたは、同じ過ちを犯さないようにしていきましょう。

記憶定着しやすいジャンル

この記事では、せどり初心者におすすめできるジャンルを複数伝えていきますが、 その中から記憶定着しやすいジャンルを選定してください。せどりは将来的に商品知識があるほうが効率的に仕入れが出来るようになります。この商品知識を付けるためには、あなたの脳にその商品ジャンルの情報を記憶させなければいけません。

これが、あなたにとって記憶定着しにくいジャンルであれば、商品知識を付ける難易度が高まります。私であれば美少女系の商品は記憶定着しにくいジャンルになります。どれだけ、そのジャンルの商品知識をつけようと思っても、美少女系になると、どのキャラクターも同じ顔に見えてしまい、その商品情報が記憶に定着しません。逆に、私は車に多少詳しいので、車の雑誌は記憶定着しやすいジャンルになります。つまり、美少女系に比べて商品知識を付けていく難易度が低くなります。

人間には得意不得意があるように、記憶定着しやすい商品ジャンルも人によって違います。なので、なんとなく儲かりそうといった理由で、商品ジャンルを選定するのではなく、あなたにとって記憶定着しやすいものを優先して、商品ジャンルを選定していきましょう。

回転率がいいジャンルは嘘

ネットでせどり初心者が儲かるジャンルを調べると、回転率がいい商品が多いジャンルは儲かるジャンルといった事が書かれてサイトが多数あります。これは半分正解で半分間違えてます。この意味を理解せずに、情報発信者が回転がいいジャンルは儲かると主張しているのがあれば、その情報発信者はせどりで大きな結果を残せていないのは明らかです。

回転がいいジャンルはキャッシュの流れも良くなるので、せどり初心者の利益に繋がるのは間違いありません。しかし、モノレートを見て売れ筋の商品のみをリサーチしているということであれば、仕入れ難易度は間違いなく上ります。冷静に考えれば当然のことですよね?

モノレートのデーターから売れ筋と読み取れるのであれば、せどり初心者を筆頭にその商品を安く仕入れられないかを日々リサーチしています。そして、売れ筋なわけですから消費者もその商品を安く仕入れられないか見ています。もっと言うのであれば、売れ筋を安く販売している実店舗が世の中に溢れているはずがありません。売れ筋を毎回安く販売しているネットショップが溢れているはずがありません。 仮にそういった店舗が存在するのであれば、その店舗はバカ売れして知名度も上がっています。

つまり、回転がいい商品、回転がいいジャンルが、あなたの利益に貢献してくれることは間違いありませんが、冷静に考えて頂ければ分かるとおり、何の知識も人脈もない、せどり初心者が仕入れるのは非現実的だということです。

それにも関わらず、モノレートのデーターを見て売れ筋商品しかリサーチしていなければ、せどり初心者が商品を仕入れられないのは当り前の話です。なので、この記事を読んでいるあなたは売れ筋が儲かるジャンルと考えるのではなく、売れ筋じゃなくても、需要と供給のバランスが崩れていて、早く売れてくれる商品が儲かるジャンルだと考えてください。

この辺りは、これからせどりを始める初心者にとっては難しい話になると思いますが、せどりで儲けるために絶対に欠かすことができないポイントの1つになります。売れ筋が儲かるジャンルではないということに関しては、登録不要で読める無料マニュアルで詳しく解説しているので、この部分の意味が分からない場合は、そちらの記事を参考にして下さい。(※無料マニュアルはこのページの最下部にあります)せどりで非効率な作業を続けたくない場合は、この視点は絶対に欠かすことが出来ないものになります。

仕入れやすいジャンルはNG

儲かるジャンルの条件として『仕入れやすいジャンルが儲かる』と書かれているサイトがありますが、これも回転率がいいジャンルが儲かると同じで半分正解で半分間違えています。せどり初心者であれば『仕入れやすければ儲かるのは当然でしょ?』と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

せどり初心者でも簡単に仕入れられるジャンルは、実店舗、ネットでよく見かける商品ですよね?あまり見かけないのであれば、簡単には仕入れられませんからね。そういった実店舗、ネットでよく見かける商品が低価格で購入できるのであれば、どうなりますか?答えは単純で、ライバルせどらーがその商品ジャンルに群がります。

その結果、価格競争が起こってしまい、仕入れた商品を赤字で販売しなければいけない事もあります。つまり、仕入れやすいジャンルは、価格競争に巻き込まれて赤字になるリスクがあります。もちろん、価格競争が起こらないジャンルは多数存在しますが、そういった商品は、そもそも仕入れやすい商品ではないと言うことになります。

そして、仕入れやすいジャンルの商品を安く仕入れて、高く売るというのは、せどらーのあるべき姿ではありません。無料マニュアルで詳しく解説していますが、せどらーの本来あるべき姿は掘り出し物を適正価格で提供するのが仕事になります。そして掘り出し物があるジャンルが儲かるジャンルになります。

この部分を理解せずに努力を積み重ねても、それは無駄な努力であり、いつまでたっても稼げないせどらーの道を歩むことになるので、この記事を読んでいるあなたは、この部分の理解をしっかりと深めておきましょう。

せどり初心者が扱うべきジャンル

記憶定着しやすいジャンルを選ぶ
ここまで、せどり初心者にとって儲かるジャンルとは何なのか?といった事を細かく解説させて頂きました。ここからは、せどり初心者は具体的にどのジャンルを扱えば儲けることができるのか?どのジャンルであれば儲かる条件を満たしているのか?といったことをお伝えしていきます。

ここで、せどり初心者に注意して頂きたいのが、感情論で短絡的にジャンルを選定しない事です。先ほどお伝えさせて頂いたように、あなたにとって記憶定着しやすいジャンルを選んでください。せどり初心者の頃は商品知識がないわけですが、あなたが、せどりを続けていくにあたって、商品知識は作業を効率化させるための武器になります。その商品知識を効率的に付けるためにも、記憶定着しやすいジャンルを選ぶ事の重要性を忘れないようにしましょう。

雑誌は初心者におすすめジャンル

せどり初心者におすすめ出来るジャンルの1つが雑誌になります。雑誌せどりは仕入単価を最小限に抑えることが可能になります。雑誌のみを扱っていれば平均仕入単価は約250円になります。利益額はあなたの仕入れ基準によって大きく異なりますが、平均利益額1,000円を得ることも可能になります。

5万円の資金があれば200冊仕入れられます。そして1冊あたり1,000円の利益額が得られるのであれば、200冊×1,000円=20万円の利益を得ることが出来ます。利益率も高ければ、仕入数も200冊になるので、雑誌せどりを実践することで、あなたの仕入れ能力や販売経験の向上も期待できます。

また雑誌は色々なテーマで販売されているので、あなたの趣味に一致した雑誌が販売されているなら、その雑誌はあなたにとって記憶定着しやすいジャンルになるので、将来の利益にも貢献してくれます。

その他の魅力としては、全国で多店舗展開しているBOOKOFFで、中古の雑誌は販売されているので、地方在住の方でも仕入先に困ることはありません。雑誌せどりは1商品あたりの利益額は少ないといったデメリットはありますが、せどり初心者にとっては魅力が多いジャンルになるので、あなたがリスクを抑えて、せどりを始めたと思っているのであれば視野に入れてみてください。

専門書せどりは高利益率を狙える

せどり初心者に、おすすめできるジャンルとして雑誌を紹介させて頂きましたが、雑誌と類似した特徴を持っているのは専門書になります。専門書の雑誌せどりと同じで高利益率を狙えれるジャンルになります。そして、仕入れ単価も抑えることが出来るので、資金がないせどり初心者も取り組めるジャンルの1つになります。

雑誌と専門書の違いは『利益率』『仕入れ単価』『利益額』になります。先程お伝えさせて頂いたとおり、専門書も高利益率であり低単価商品になります。しかし、雑誌せどりと比較すると利益率は若干劣ります。仕入れ単価も雑誌と比較すると若干高くなります。ただ、利益額に関しては高くなります。雑誌で販売価格が1万円を超える商品は珍しいですが、専門書になると定価が高いものも多いので、販売価格が1万円を超えてくる商品の割合も多くなります。

この専門書といったジャンルも、せどり初心者におすすめできるジャンルになります。ただ、リスクを考慮すると雑誌に劣るので、これからせどりを始めるのであれば、まずは雑誌せどりから始めて、徐々に専門書を取り扱っていくようにしましょう。

季節商品は電脳でも狙えるジャンル

せどり初心者には季節商品もおすすめのジャンルになります。 3月中旬になれば入学といった大きなイベントがあるので、学生関連の商品の需要が高まり価格も高騰します。電子辞書のモノレートをデーターを見て頂ければ一目瞭然です。3月中旬~GWにかけて中古電子辞書の多くは価格が高騰しています。年末年始であれば家族で遊べるゲーム機、ゲームソフトの需要が高まります。

このような感じで、イベントや季節によって需要が高まるジャンルが存在します。このような商品ジャンルは低価格で商品を仕入れなくても、価格が高騰する1ヶ月前に商品を仕入れて、価格が高騰するタイミングで商品を販売することによって、せどり初心者でも比較的、簡単に商品を仕入れることが出来ます。この方法であれば安く商品を仕入れる必要はないわけですからね。

ただ、デメリットとしては価格が高騰する前に、商品を仕入れる必要があるので、多少ではありますが資金力が必要になります。そして雑誌、専門書などのジャンルに比べて仕入れ単価も高くなります。

この季節商品は、せどり初心者でも儲かりやすいジャンルにはなりますが、資金力がない人が取り組むと難易度が高くなってしまうので、あなたの資金と相談して、季節商品を取り扱うべきか判断してください。

生活家電は初心者向けのジャンル

中古家電は高利益率なので、せどり初心者におすすめです。といった主張をしているサイトも多いですが、あなたが、せどり初心者なら中古家電でも生活家電といったジャンルに絞り込むことで効率的に儲けに繋げていくことができます。

生活家電には炊飯器、ホットプレート、ホームベーカリー、ホットサンドメーカーなど多数の商品がありますが、PC周辺機器や音楽機材の中古家電と比較して、圧倒的に相場を予想しやすくなります。せどり初心者に音楽機材の相場を予想してください。と言っても難しいですよね?

これが象印の炊飯器が1,000円で売れていたら安いと思いますか?と聞かれれば、なんとなく予想が立ちませんか?普段家電に興味がなくても、炊飯器が1,000円であれば安く感じる方がほとんでしょう。また象印といったメーカーも、家電好きじゃなくても馴染みがありますよね?

つまり、生活家電はせどり初心者であっても日常生活で目にしているので記憶定着がしやすくなります。そして、中古生活家電が定価を超えてプレミア価格になっていることは珍しいので相場が予想しやすくなります。その結果、せどり初心者であっても比較的、利益に繋げやすくなります。

生活家電は雑誌、専門書に比べて返品リスクが高くなりますが、高利益率で記憶定着もしやすい商品になるので、せどり初心者におすすめのジャンルになります。ただ、既にご理解頂いているかと思いますが、生活家電は雑誌、専門書に比べて仕入れ単価が高くなるので、資金がない場合は、雑誌や専門書のジャンルから始めていきましょう。

ホビーは低価格、高利益率を狙える

せどり初心者には中古ホビーもおすすめのジャンルの1つになります。仕入れ単価も平均2000円ほどに収めることが可能ですし、平均で利益率30%を超えることも難しくないジャンルになります。 あなたが東海在住であれば、ホビーショップも多いので仕入先に困ることもないでしょう。

中古のおもちゃ、ホビーには多数の商品が存在しますが、まずは仮面ライダー系と戦隊もののおもちゃから始めることをおすすめします。この2つの商品はホビーショップであれば必ず陳列されています。そして商品状態が良好で、付属品が揃っていれば低価格で商品を販売しなくても、それ相応の価格で売れてくれるので、利益を抜きやすい商品の1つになります。

店舗によっては、ちょっとしたスレ傷、価値のない付属品の欠品で、大幅に価格を落として販売している店舗もあるので、そういった店舗から商品を仕入れることで、せどり初心者定番の『商品が仕入れられない・・・』といった問題の難易度を下げることが可能になります。

せどり初心者おすすめジャンル まとめ

初心者でも儲かるおすすめジャンルを選定
この記事ではせどり初心者におすすめジャンル、儲かるジャンルについて、様々なことをお伝えさせて頂きましたが要点はまとめると以下になります。

・初心者は仕入れ単価を抑える
・利益率で資金ショートを防ぐ
・記憶定着を意識して作業する
・需要と供給を意識して仕入れる
・掘り出し物があるジャンルを見る

この記事では、せどり初心者におすすめジャンルといった切り口でお伝えしているので、せどりの基礎知識について多くは伝えていません。あなたがせどりで結果を得るためには儲かるジャンルを知るだけではなく、せどりで儲けるための基礎知識が必要不可欠になります。

この基礎知識については下記で紹介している無料マニュアルで詳しくお伝えしているので、せどり初心者の方は、この記事をしっかり読んだうえで、せどりを実践していきましょう。無料マニュアルは登録不要で読むことが出来ます。

無料マニュアル 一覧
無料動画セミナー 一覧
PAGE TOP