『オフハウス』古着せどり初心者 中級ブランドを狙い撃ちして高利益率を実現

動画でも解説しています。

※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

オフハウス 古着せどりは高利益率を実現できる

古着せどりというのは高利益率が実現できるということを知って頂ければと思います。古着せどりというのは、どれぐらいの仕入れ値でどれぐらいの売価なのかと言うと、300円で仕入れて3000円で販売、1000円で仕入れて5000円販売というのは常識になります。300円で仕入れて3000円でで販売できる商品がたまに見つかったらいいよねというのではなく、300円で仕入れて3000円で販売出来る商品というのは結構たくさんあります。300円で仕入れて2000円で販売というのは本当に多いという印象があります。

1000円で仕入れて5000円で販売出来るものもあれば、2000円や3000円で仕入れて1万円を超える売価で販売することも可能だという事になります。これが古着せどりになります。私が知っている方の中で小さな労力で大きな結果上げている方であれば1日3時間の作業で利益率60%、利益額70万円、これは小さな労力で見れば大きな結果を上げている方の実演になります。

もちろん古着せどりでこれ以上に稼いでる方はたくさんいらっしゃいます。たくさんいらっしゃいますが、作業時間が短いのかと言ったら結構がむしゃらに作業して月100万とか150万などを稼いでる方が多いという印象です。私の知っている方であれば1日3時間の作業で利益率60%、利益額70万円ということなので、効率的に金を投資して効率的に金を回収出来ているのではないかと思います。今回は古着せどりの手順ということで、どのように古着せどりを極めていくのかということをお伝えしていくのですが、古着っていうものを突き詰めて頂ければこれだけの可能性を秘めているということになります。

オフハウス 古着せどりを極めるまでの流れ

古着せどりをどのような形で極めていけばいいのかというと、一番はアカウントテーマというのを選定してください。どのようなことかというと、古着を販売する時はAmazonで販売するのではなく、基本的にフリマで販売する形になります。そのため、メルカリなどで商品を販売していくことになるのですが、あなたのメルカリのアカウントのテーマというのを決めて頂きたいのです。古着を扱うというと、メンズなのかレディースなのかという形にもよりますし、メンズであってもレディースであってもその服の系統というのがあります。

雑誌とかも同じように、雑誌はアパレル雑誌がたくさん出ていますが、服の系統というのがあります。そのため、アカウントのテーマというのを雑誌と同じように決めてもらいたいのです。30代女性に可愛らしい服を提供するみたいな感じで、アカウントテーマというのを決めて頂きたいのです。

なぜアカウントテーマを決めるのかということですが、メルカリというのはCtoCのビジネスになります。個人対個人のやりとりなので、結構リピートされやすくなります。Amazonとかで商品を販売するということであれば、一応で形上BtoCという形で流れるわけです。Amazonというのは商品単位でどの商品を購入するかというデザインの作りになっているわけです。メルカリは、1個の商品を購入したらその人のアカウントを見たりするのが当たり前で、コメントとかをやりとりするので、販売者と消費者の距離が結構近くなります。

そのため、あなたのアカウントが一つのテーマに絞ってあるということであれば、あなたの商品を買った人は他の商品を買ってくれる可能性が高くなります。そこであなたのアカウントに1か月以内に購入してくれた方何パーセント割引しますとか、セット販売も受け付けています。複数購入してくれるのであれば何%割引します。そのような形でやるとビジネスでいうところのクロスセルであったりアップセル、そのようなことを仕掛けていくことができるということになります。そのため、メンズだったらメンズレディース、さらに特化させていくことによって、リピート戦略を取り入れていくことができるということになります。なので、しっかりとアカウントのテーマを選定することが大事だということになります。

次がテーマに沿った中級ブランドの相場を確認するということになります。レディースブランドを販売するということであれば、レディースブランドの中級ブランドを扱って頂きたいのです。なぜかというと、安いブランドの商品を扱おうと思ったら中古の販売も値段がつきません。そのため、ハイブランド中級ブランドなどのものを狙っていかなければいけないというこになります。新品で販売されていて、1万円とか2万円とかくらいの価格になっているブランドというのを対象として、それの相場を確認します。新品の相場を確認して頂ければいいし、中古が販売されているのならば、中古の販売価格を確認して頂くということになります。

ブランド相場を確認したら次に何をするのかというと、ブランドと商品単位で相場を確認します。例えばヴィトンの財布であれば、これぐらいの値段が相場という形で、ブランドと商品単位で相場を確認するという事になります。例えでヴィトンを出しましたが、ヴィトンとなどのハイブランドを扱うのではなく、中級ブランド扱った方が結構売れやすいというか、仕入れやすくなるので、狙うものはハイブランドよりも中級ブランドという風に考えてください。

ブランドと商品単位の相場を確認したのならば、記録してください。中古の相場が分からなくて、新品しか出て来ないということであれば、だいたい新品の3掛けから5掛けくらいの値段で売れます。5掛けになると結構厳しいですが、2掛け、3掛けくらいであれば商品は売れます。

例えば新品が1万円の商品であれば2000円や3000円くらいで全然売れるということになるので、中古の相場が出ていなくても新品の相場というのを分かっているのならば、中古はどれくらいで売れるということが分かるということになります。新品の相場の確認はネット使ってもらえればすぐに分かりますので、ネットでリサーチして頂ければいいと思います。

実際に相場を確認したら次に何をするのかというと相場の記録です。記録を基にオフハウスで商品をリサーチするということになります。古着せどりは基本的な流れはこの4ステップになります。古着せどりは先ほどお伝えしたように相場を記録していき、商品を仕入れるのですが、基本的にスマホはあまり利用しません。普通のせどりですとオフハウスに行って、この商品の相場はどれくらいかというように確認するわけですが、服はサイズ等を考えると結構一点物が多いので、新品の相場、中古の相場を把握していて、それより安く仕入れられるというのであれば、仕入れればいいので、基本的にスマホは利用しなくて問題ないということになります。

古着せどりを挑戦するにあたって注意して頂きたいことが、季節限定の商品は初心者には難易度が高いということです。冬だったらダウンやトレンチコードが売れるというように季節限定の商品は扱っても良いのですが、古着の転売というのは在庫リスクがあります。モノレートみたいな感じでデータを読み取って販売していくわけではなりので、売れ残りというのは若干出てきます。売れ残りが出るくらいならばいいのですが、季節限定の商品を扱っていると、その季節を逃してしまうと1年売れ残ってしまいます。どれだけ値段を安くしても売れないということになってしまうので、季節限定の商品や季節の期間が短いもの、短期間しか着ないようなものというのは初心者には難易度が高いので、あなたが古着せどりが初心者だということであれば、季節限定の商品を扱うのは最初のうちは控えたほうがいいということになります。

ただ誤解して頂きたくないのは、季節限定の商品は売れないという話ではありません。むしろ季節限定の商品の方が売りやすいですし、利益に繋がります。ただ初心者の場合は在庫リスクがありますので、最初のうちは控えたほうがいいんじゃないかなと思います。

もう一つ注意して頂きたいのは、多少トレンドを把握していなければ売れない、つまり在庫リスクが高くなるということです。なぜなのかと言うと、メンズであれば今ジーパン履くにしても昔よりだいぶ細身の形になっていますよね?そのためトレンドというものを理解してないと、商品は売れていきません。さらに言うんであれば、今メンズは結構ジーパン離れしてますよね。15年前や20年前というのはジーパン履いてる事が当たり前でしたが、若者はジーパン離れをしているわけですよ。ジーパンを履かない方も結構いらっしゃるわけですよ。そのようなトレンドを所把握していないと、ブランド単位に商品を仕入れても、かなり昔のモデルで今この服を着るのは恥ずかしい。だから買いたくない。ということになりかねないので、多少のトレンドを把握しておかなければいけないということになります。

私の場合はここで古着せどりを始めたときミスしました。私はレディースの商品を扱っていました。中級ブランドの相場を確認して、4つの手順で商品を仕入れて販売していたわけですが、売れ残りがそこそこ出ました。なぜなのかと言うと、私がレディースのトレンドを把握していないのにレディースを扱ったからです。例えばトレンチコート一つにしても形がありますよね?その形は毎年少しずつ変わります。私はレディースのトレンチコートを着ないので、どのような形が昔のもので、どういった形が今のものなのかということを、あまり分かっていないわけです。分かっていないのにブランドと商品単位で相場を確認して仕入れているから在庫を抱えてしまったということになります。

ですから、あなたが古着せどりをするのならば、私と同じようなミスをしないために多少トレンドというのを把握していかなければいけないということです。レディースの方が供給が多いので商品が仕入れやすいのですが、あなたが男性であればメンズのものを扱ったほうがいいと思います。今の話からも分かるように、トレンドを多少把握してないと在庫リスクが高まってしまういます。あなたが男性ならば、メンズのトレンドは多少は理解している思うので、そこから始めたほうが良いということになります。

実際この手順で古着せどり実践した場合、どれぐらいの見込み利益が狙えるのかということですが、これは初心者でも見込み利益であれば3万円は狙える範囲内になります。私もメディアせどりや家電せどりなどをやった上で古着せどりに挑戦しました。挑戦しましたが、初日から見込み利益3万円は余裕で超えています。要は一商品2000円とか3000円利益が取れるのです。それ10個仕入れば見込み利益3万円なわけですよね。1日副業で会社帰りに行っているのではなく、1日回っているということであれば、見込み利益3万円というのは当たり前だと思ってください。

ただこれは見込み利益です。要は在庫リスクというのもあるので、ここより減ってくるというということになります。あなたがこれまでせどり経験などの経験があるのならば、見込み利益で3蔓延ではなくて5万とかも狙える範囲内です。そのため、古着せどりっていうのはちゃんとブランドの相場を確認、記録していて、あとはトレンドを把握していれば、これぐらいの見込み利益というのは十分狙えるということになります。

これだけの利益が狙えるので、低利益率商品も仕入れてより効率的に商品を仕入れていこうというような考えになる方も多いと思います。古着せどりは先ほども言ったように利益率が高いです。利益率50%くらいは当たり前に越えてきます。でも利益率50%なんかいらないから、もっと利益率を通して効率的に金回した方がいいのではないかとせどり中級者の方だと、そのような思考になると思います。ですが、低利益率商品は仕入れ対象外にして頂きたいです。なぜかというと、先ほどからお伝えしているように、古着の在庫リスクは他のカテゴリーと比べて高いからです。1日見込み利益3万円ということで10着仕入れたかもしれないけど、2、3着売れ残ってしまうことは多々ありますので、低利益率商品を仕入れていけけどキャッシュが回らないとか、利益が得られないということになってしまうので、低利益率商品は利益が取れても取らないようにして頂ければいいと思います。

古着せどりですが、先ほど1日3時間の作業で月70万円稼いでる方がいるとお伝えしましたが、実践1年以内で月100万円というの全然狙えるかと思います。私は古着せどりを実践して、理由があり途中で辞めてしまっているので、ここまでの結果は上げていないのですが、私のコンサル生に古着せどりを伝えて実践1年以内で月100万円の利益というのを超えています。

実際そのような方はいますので、古着のみで月100万円を超えるということは全然難しくないという事になります。ただこの方は先ほど例に挙げたような1日3時間ではなく、普通に専業としてやっているので、小さな労力で大きな結果を上げているのかと言ったら、一番最初にお伝えした1日3時間の作業で月70万円稼いでいる人の方が、小さな労力で大きな利益を上げているかなということになります。

今回はオフハウスということでお伝えさせて頂きましたが、この古着せどりはオフハウスではなくても仕入れることができます。セカンドストリートも古着がありますし、セカンドストリートだけではなくて電脳仕入れという形でネットで古着を仕入れることも可能です。私はネット店舗でも仕入れていましたが、電脳でも商品を仕入れてました。先ほどお伝えした1日3時間の作業で月70万円稼がれてる方も最初は店舗でしたが、今は電脳でやっているということを聞いてます。

私のコンサル生で古着で月100万円超えている方も電脳仕入れでやっているので、オフハウスだけではないということになります。ただ私はオフハウスでも実践していましたが、商品を仕入れることはできますので、オフハウスで実践して頂いてもいいかなと思います。

実店舗で商品を仕入れるときは結構訳あり商品みたいな物を仕入れてると結構仕入れやすいです。訳あり商品というのは結構安くなっているので、そこで中級ブランドを探すだけです。そうすれば結構利益取れる商品が見つかるので、中級ブランドをの相場を確認したけれど思ったように見つからないのならば、訳ありコーナーとか安くなっているコーナーに行き中級ブランドを探して頂けれないいと思います。

オフハウス 古着せどりのデメリット

オフハウスの古着せどりには当然デメリットというものあります。そのデメリットが何なのかということですが、メルカリ販売になるので、基本的に自己発送になるということです。自己発送になるので、作業の手間が出てきます。ちゃんと納品をしてくれるスタッフや在庫を管理してくれるスタッフが必要になります。そのため、仕組み構築が必須になるということになります。

これは通常のせどりも同じで仕組み構築はしなくてはいけません。ただメルカリで販売をしていくのならば、FBAを利用しないということになるで、仕組み構築とか仕組みの管理の難易度が上がるということになります。Amazonならば、商品を納品して商品が売れればAmazonのスタッフが在庫の管理も行ってくれて発送も行ってくれるわけですよね。ですが、マルチチャンネルサービス等を使っていたとしたら、注文入ったら商品を発送してくださいという形で指示を出さなくてはいけません。そうなると効率が悪いので、仕組み構築や仕組み管理の難易度が上がってくるということになります。

ここまで古着せどりについてお伝えさせて頂いたわけですが、私は古着せどりを実践して結果というのを上げましたが、突き詰めたわけではありません。あなたがこの動画を見て古着せどりに興味を持ったのであれば、他の方が古着せどりについて細かくお伝えしているかと思いますので、そのようなところで学んで古着せどりで結果を掴んで頂ければいいかなと思います。

無料マニュアル 一覧

無料動画セミナー 一覧

Achievements

Pickup article

PAGE TOP