『オフハウス』せどり初心者 高利益率仕入れマニュアル 未使用品をリサーチするポイント

動画でも解説しています。

※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

・オフハウスせどりで狙える商品とは

最初にオフハウスせどりで狙える商品をお伝えしていきたいと思います。オフハウスで狙える商品というのはホビー、食器、生活家電、古着、ベビー用品、生活用品、調理器具このようなものが仕入れ対象になります。今お伝えしたように、このような商品を仕入れることは可能です。オフハウスにある商品は基本的に全て仕入れ対象というかリサーチ対象になるのですが、リサーチ基準というものがなければ、時間の無駄になるということです。

私がいつもお伝えしている様に、価格差だけを調べるせどりの時代とは終焉を迎えています。ただオフハウスに行ってスマホを使って価格差を調べている。それだと利益を得ることが出来なくて当たり前だし、効率が悪くて当然だということです。そのため、リサーチの基準というものをしっかりと持った上でリサーチをしていかなければいけないということです。

ではせどり初心者の方は何を基準にリサーチすればいいのかということですが、せどり初心者の方は商品知識が全くありませんよね。その他の諸々の知識も全然ありません。ですから、初心者はオフハウスで販売されている未使用品のみをリサーチしてください。これがリサーチ基準の一つになります。オフハウスは未使用品の割合が多い店舗になります。セカストやトレジャーファクトリーも未使用品は販売されていますが、私の印象としましてはオフハウスは未使用品が多いという印象があります。情報が正しいか分かりませんが、オフハウスは基本的に生活用品とかは未使用品しか取り扱わないと言われています。ただこれは間接的に聞いたものなので、地域の特徴もあると思いますので、必ずそうだとは言えません。ですが、私が実際に商品を仕入れていても未使用品とまでは言いませんが、かなりキレイな商品が多いという印象がありますので、せどり初心者の方は未使用品、もしくはものすごく綺麗な商品をリサーチ対象としていくということになります。それが一つの基準になります。

オフハウスで未使用品を見極めるポイント

オフハウスで未使用品をどのように見極めていけばよいのかというと、オフハウスは値札に未使用品と記載されていません。てんぽにもよるのですが、他のリサイクルショップに行くと、値札に未使用品と記載されていることが多々あります。ですが、オフハウスは私が回っている限りでは、未使用品と記載している店舗は少ないという印象があります。ですから中古品と、未使用品の見分けが、なかなかつかないです。

ではどのように未使用をオフハウスで見極めていけばいいのかということですが、箱付きの調理器具、美容関連、食品関連、このようなものを中心にリサーチしてください。箱付きの調理器具となると、未使用品もしくはものすごく綺麗な場合が多いです。調理器具は普通、中古品で売らないですよね?箱が付いている調理器具が販売されているということは、誰かから貰ったもので使わないからオフハウスに買取を依頼している。このような形なります。美容家電も人気だから買ってみたけれど一回使ってみて良くなかったから売ったという人もいれば、こ美容家電というのは、結婚式の二次会の景品になってたりする場合っていうのもあると思います。そのようなところで、美容家電を貰ったけれど使わないから売りに来ているということになります。

あと食品関連ということですが、食品関連というのは基本的に未使用品になります。あなたが水筒とか弁当箱とかオフハウスで中古品のボロボロな物を売られていたらどう思いますか?普通に考えて買わないですよね?弁当箱は汚い状態のものを誰が買うんだとう話になりますよね。もちろんね海外の方が買っているかもしれませんが、日本人の感覚としてはあり得ません。水筒であったり、弁当箱であったり、その他の食品関連のものや、それと類似したようなものというものは未使用品の可能性が極めて高いということになります。

つまり今お伝えしたことからも分かるように、食品関連もそうですし、内祝いとか結婚式の2次会などで貰いそうなものを予想してそれらをリサーチしていくということになります。オフハウスで販売されている物はすべて中古品なわけではありません。貰い物で必要がないから売っていることもあります。バカラのグラスって結構売ってるじゃないですか?なぜバカラのグラスが売っているのかと言ったら、、使ってて要らないから売っている場合ということも考えられますが、バカラは結構プレゼントに使われるわけなので、バカラのグラス貰ったけれど使わないから売ってしまおうという形で、売ってる方たちがいるという予想が立つということです。そのようなリサーチしていけばいいんのですが、本当に未使用品なのか分からない場合があるかと思います。どうしても心配だという場合は、店員さんに確認をして、レジの隅の方で中身を確認させてもらって本当に綺麗な商品なのか、未使用品なのかというのを確認して頂ければいいと思います。

オフハウスで未使用品をリサーチする基準

箱付きの商品で貰いものになりそうな物であれば、かなりの確率で綺麗な商品や未使用品ということになりが、だだ未使用品だからと言って、むやみやたらにリサーチしていても効率が悪いです。オフハウスで未使用品をリサーチする。これが一つの基準だという風にお伝えしました。未使用をリサーチして頂ければいいのですが、今お伝えしたように未使用品だからと言って全て価格差を調べていたら、やはり効率的ではないですよね。せどりというのはリサーチをして商品を仕入れるわけなので、リサーチの制度を上げていかなくてはいけません。

では、リサーチの制度をどのように上げていくのかというと、何かの基準に基づいた上で行動して作業を効率化させていく。それでリサーチの制度を上げていくということになります。では未使用品以外のリサーチ基準というのは何なのかということですが、値札の2倍の価格で売れるかっていうのを予想して頂きたいのです。例えばオフハウスで未使用品であろう商品が1000円で売っていたのならば、1000円の2倍つまり2000円でその商品は売れるのかというのを予想して頂きたいのです。このような話するとせどり初心者の方は、まだ知識もないし、せどり初心者なので値札の2倍で売れるかなんて分からない。それはモノレートを見るんじゃないの?というように考えるかと思いますが、今言っている予想というのは一般常識の範囲内で問題ないので、モノレートを確認するとか、Amazonを確認するとか、そのような前段階の話です。実際にモノレートを使って商品を確認するというのは、あなたのフィルターを抜けたもの、つまりリサーチ基準というのを2つクリアしたものになります。

一つ目のリサーチ基準というのは未使用品であるかないかですよね。二つ目のリサーチ基準というのは値札の2倍の価格で売れるか予想するここをクリアしたものだけをスマホを使い価格を確認するということになります。この値札の2倍の価格で売れるか予想するというのは単純に値札の2倍の価格で新品価格を下回るかということを予想して頂ければいいです。値札の2倍の価格で売れるか予想してくださいねとお伝えすると、せどり初心者は、物を売ったことがないので分からないと言いますが、もっと単純に考えてください。未使用品の物を売るならば、新品価格と近い値段で販売することができるのです。つまり新品の価格を予想すればいいだけです。値札の価格に2を掛けて頂いて、その価格が新品価格を下回っているのかなというのを予想するだけの話です。

例えばオフハウスで弁当箱が1000円で売られていたとしますよね。そしたら、1000円×2倍をして頂ければいいんです。そしたら2000円になりますよね?その弁当箱の新品が2000円以下なのか2000円以上なのかというのを考えて頂ければOKです。これは弁当箱によりますが、ただのプラスチックの弁当箱であれば2000円もしませんが、あの3段重ねの弁当箱とかであれば2000円というのは、超えてきます。サーモスなどのメーカーの物になればもっと高くなりますよね。ですから、そのようなことを一般の常識範囲内で予想するということになります。そして、あなたの見ている商品が新品価格より安いのではないかという形で予想したのであれば、その商品をリサーチするということになります。

実際にリサーチしたらどうすればいいのかということですが、仕入れた商品というのは「ほぼ新品」で出品する体で考えてください。未使用品なので、ほぼ新品で出品しても問題ありません。そしてすごく綺麗で未使用品なのかも、もしくは少しだけ使ったのか分からないということであってもほぼ新品で出品しても問題ありません。amazonのコンディションガイドラインでは非常に良いというのは、多少キズがあっても問題ないと書かれているので、ほぼ新品で出品するのであれば、ほぼ傷がないような状態や新品に近い状態で問題ないということになります。そのため、未使用品しかほぼ新品で出せないということはありませんので、勘違いしないようにして頂ければいいかなと思います。ほぼ新品でリサーチした商品を出品する体でいるのですが、波形が振れている商品もしくは供給が明らかに少ない商品が狙い目になります。

こういったものを仕入れ対象にしていると、売れていくスピードも速いですし、高利益率を実現しやすくなります。ですから、これ以外の商品というのも仕入れても良いのですが、波形が振れている商品と供給が明らかに少ない商品というのは、高利益率を出しやすいし狙い目なんだということを覚えておいて頂ければいいかと思います。

オフハウスで仕入れられる商品

(12分40秒の画像を入れてください)
オフハウスでどのようなものが仕入れられるのかということですが、このような波形の振りのものであれば仕入れられる確率はかなり高くなります。これって言うのは供給が全くない商品ですよね。波形がかなり振れている商品になるわけですよね。このような商品は新品価格の10%OFFくらいの価格で売れる可能性というのはかなり高いです。

先ほどお伝えしたように波形がこれくらい振れている商品であれば、新品価格より少し値段を落としたぐらいの価格で売れます。このモノレートの波形、出品者の状況で見るのであれば、供給が全くありませんよね。中古の出品者がいない状態なわけじゃないです。あなたがそこでほぼ新品の未使用品のものを供給として出すことによって、供給は一つしかないわけですよ。

これだけ波形が振れていれば、新品であれば少しでも安く買いたいという方がいます。未使用品ならOKだという方がいるわけです。ですから、このようなところに未使用品の商品を投入することによって、新品の10%OFFの価格であっても売れる確率はかなり高いということになります。

ただ新品の10%OFFで売れてくれる確率が高いものというのは、基本的に供給がないものになります。これが中古の出品者がいて中古の出品者は10人いるなどの状況であれば、新品の10%OFFの価格で売るこというのは、難しくなります。そこは勘違いないようにしておいてください。波形が振れている商品というのは、先ほどお伝えしたように狙い目です。波形が振れているという事はそれだけ買う人が多いわけです。そのため、少しでも綺麗な商品を少しでも安く欲しいという方がいるわけです。最安値ではなくて、ほぼ新品の高い中古品を買おう、そのように考えている方もいるので、売れやすくなる。ただ供給があまりにも多ければ消費者からすれば、それだけ選択肢が多いわけですから、あなたの商品が選ばれなくなる確率も上がってくるということになります。

(14分30秒の画像を入れてください)
次の事例ですが、どのような商品なのかというと波形が振れている商品というよりも、供給が少ない商品になります。先ほどモノレートの3ヶ月の波形の振れものをキャプチャーとして取ってきましたが、今回も過去3ヶ月のモノレートの波形の振れというのを取ってきています。

見て頂ければ分かると思いますが、このキャプチャーの中段に出品者数というのがありますよね?ここに平均というものは書かれています。かなり小さいので見にくいかと思いますが、3ヶ月の中古の平均出品者数というのは、2.4しかありません。供給が少ない商品になるわけですよね。このような商品というのはその時の状況にもよりますが、かなり高く販売するこということはできます。

実際にいくらぐらいで販売することができるのかということですが、キャプチャーに赤丸2つ付いてますよね?この赤丸が付いているところが新品の売れたところの価格になります。少し見にくいかと思いますが、左の赤丸から行くと、1万3000円から1万4000円ぐらいの価格で商品が売れていることが分かります。つまり新品は1万4000円でも売れるということが分かります。

次の赤丸のところを見ると12000円くらいで商品が売れているという事が分かります。つまり1万2000円から1万4000円の間で新品が売るということが分かりますよね。モノレートの波形の振れの3ヶ月のデータを持ってきているので、1万2000円とか1万4000円で長期間置いておいてやっと売れたわけではないですよね。12000円と14000円くらいの価格帯であれば、それなりにすぐ売れるということが分かります。

つまり新品の相場がこれくらいということが分かります。では、中古はいくらで販売できるのか?つまりほぼ新品で出品したらいくらで売れるのかとうことですが、これは新品の10%OFFで売れる可能性があるということになります。そのため、先ほどと同じですよね。新品の10%で買う人はいるわけです。ただし、この商品は波形がそんなに振れていないので、需要というのは、そこまで高くありません。必ずしも10%OFFで売れるとは限りません。そのため、この商品を出品するのであれば、最初に新品の売れている値段の10%OFFの価格で出してみて、徐々に価格を落としていってください。新品の30%OFFの価格まで下げれば、ほぼ売れると考えて頂いて結構です。

ただ勘違いないように再度お伝えしておきますが、これは供給が少ない商品です。供給が多い商品になるとそれだけ消費者からすれば選択肢が多いわけですので、あなたの商品というのは選ばれにくくなります。でも供給が少ないということは、それだけ消費者から見れば選択肢というのは少なくなります。このデータを見る限りであれば、中古の出品者数は2.4人です。あなたが供給として投げるということならば、中古の出品者が3になるわけです。その時に他2人の出品者が良いとか可で商品を出していて、普通の中古品を販売している。そこであなたが良いとかで出している出品者の倍額でほぼ新品の商品を売っていたとしても、例えばこれが食品関連の商品とかであればやはり綺麗なものが欲しいというように消費者の心理が働くので、あなたの商品が売れてくれる可能性も十分考えられるということになります。

ただこれはケースバイケースになるので出品者の状況をしっかりと見極めてください。例えば良いの倍額で売れることもあるんだけども、良いで出品している出品者が商品説明分をしっかり書いていて、良いで出品してるけれど、説明文読んでも商品写真を見てもすごく綺麗だと思うような商品説明文や写真を使っているのであれば、やはりその商品が売れる可能性が高くなります。そうなると、あなたの商品が売れる確率は減ってくるということになります。そのため、しっかりと状況を見極めた上で販売していかなくてはいけないので、先ほどお伝えした波形の振れが強いものを扱うより、若干難易度は高くなるかなということになります。しっかりとモノレートのデータを読み取れる状態で、これから出品者がどのように増えていくのか?どこまで価格が落ちる可能性があるのか?そのようなことまで予想できないと失敗する可能性があるので、そこだけは注意してください。

新品の10%OFFで売れる確率はあります。新品の30%OFFまで落とせばほぼ売れます。だからここを読み違えると売れないということになるので、あなたがせどり未経験者、初心者だという自覚があるのならば、最初は通常の中古品として販売しても利益が取れる仕入れ価格で商品を仕入れてください。その価格で商品を仕入れたのならば、新品の10%OFFから徐々に価格を落としていき、いくらで売れるのかというのを試してください。最悪商品が売れなくても通常の中古品の価格で利益が取れる状態で商品を仕入れてるわけなので、あなたが赤字になることがないということになります。以上がオフハウスで仕入れられる商品や、見るべきポイント、リサーチ基準になります。

オフハウスの仕入れは初心者でも即日実践可能

オフハウスの仕入れは今までの話の流れから分かるように、初心者でも即日実践可能です。商品知識を付けるとかそのような話しをしているわけではありません。未使用品をリサーチ基準の一つとして設けてくださいということと、一般常識を使ってその商品というのは倍の値段で売れるのかというのを予想してくださいということなので、基本的に誰でも即日実践可能になります。リサーチ情報だけで利益を得ることができます。ただこれは最初の一歩であり、せどりの全てではないということを頭の中に入れて置いてください。

せどり超初心者の方は1個の仕入れのノウハウであったり、仕入れのポイントをお伝えするとそれで全て解決するんだ。これでお金持ちになれるのと勘違いされますが、そうではありません。このリサーチ方法で利益というは間違いなく得られますが、最初の一歩なので、しっかりと突き詰めていかなければいけないということになります。

若干話しは逸れますが、私の知人の方でオフハウスを中心に仕入れをして、毎月150万円の利益上げてる方がいます。その方は数年前に結構有名なスクールの講師やられていた方です。その方もオフハウスだけではありませんが、オフハウスを中心に回って利益で150万円という金額を得ているので、オフハウスはそれだけの可能性があるということになります。ただこのリサーチ方法というのは、最初の一歩なので、しっかりと突き詰めていかなければいけません。このリサーチ方法を突き詰めたのならば、ベビー用品、ホビー、生活家電というような順番で通常の中古品を取り扱っていけるようにしてください。必ずしもこの順番でやらなくてはいけないという話ではありません。私の主観ではありますが、オフハウスで仕入れやすいものというのは、ベビー用品、ホビー、生活家電、そのようなものがあります。その中でもベビー用品はかなり仕入れやすい印象があります。相場も予想しやすいですし、初心者でも取り組みやすい、そのように考えているので、ベビー用品からやって頂ければいいかと思います。

ベビー用品よりは若干、難易度が高くなり、商品知識が必要になりますが、ホビーも同じように、結構仕入れやすいものになります。あとは生活家電ということですが、生活雑貨もやはり難易度は低いです。ただホビーよりも高いという印象があるので、ベビー用品、ホビー、生活家電、この順番で通常ので中古品を取り扱っていけるようにして頂ければと思います。あなたがオフハウスを攻略したのであれば、他の店舗も攻略していくことを視野に入れてください。これまで私が配信した動画であればBOOKOFFの攻略方法とうことで、メディアの仕入れ、セット本の仕入れ、中古家電の仕入れ、雑誌や専門書、これらの仕入れのノウハウをお伝えしているので、オフハウスだけに固執するのではなく、他の店舗でも仕入れられるもの、あなたに合ったノウハウがあるのならば、それらを取り入れて頂ければいいと思います。今お伝えした動画は私のYouTubeチャンネルのトップページにまとめてありますので、そちらの方を観て頂ければいいと思います。

無料マニュアル 一覧

無料動画セミナー 一覧

Achievements

Pickup article

PAGE TOP