『ハードオフ/HARD OFF』せどり初心者、ド素人でも仕入れ可能なジャンク訳あり品

動画でも解説しています。

※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

未経験者がハードオフでリサーチするポイント

ハードオフでどのように商品を仕入れていくのかということですが、せどり未経験者が何をリサーチすればいいのかということでお伝えしていきます。せどり未経験者は当然商品知識はありません。どのような商品が安いのかというのはハードオフに行っても分かりません。その結果何をリサーチすればいいのということになってしまいます。未経験者は値付けが弱く仕入れが出来ないということもよくあることです。

要はせどりをやっている方で、ある程度利益を上げている方であれば、この仕入れ価格でこれぐらいの売れ筋であれば仕入れるというように商品を仕入れるわけですが、未経験者は値付けや売れていく期間の予想はやはりできていないので、せどり中級者、上級者が仕入れるような商品であっても、未経験者の方が怖くて仕入れられないということが起こってしまうのです。

では未経験者はどのような商品を仕入れればいいのかということですが、誰でも仕入れられると判断する商品以外は仕入れることは出来ないということになります。今お伝えしたように、未経験者は値付けが弱いです。売れていく期間の予想も甘いです。そのため、誰でも仕入れられると判断出来るような商品じゃないと仕入れることができないということになります。

誤解がないようにお伝えしておきますが、私がいつもお伝えしている様にビジネスは他社と足並み揃えたらダメなんです。ですから誰でも仕入れられる商品しか仕入れられないのならば、利益は伸びなくて当然です。ただ、せどり未経験者だということであれば、先ほどお伝えしたように商品知識がありません。何をリサーチしていいかも分からないですよね。値付けも弱いです。売れていく期間も予想出来ないため、誰でも仕入れられると判断する商品を最初は仕入れていくことしか出来ないということになります。

では誰でも仕入れられると判断できる商品というのはどこにあるのかということですが、これはジャンクコーナーの訳あり品になります。ジャンクコーナーの訳あり品の商品というのは、低価格で販売されている可能性が非常に高いです。訳ありなので、通常の中古品に比べて安く販売されていて当然ですよね。未経験者でも安く商品を仕入れられるので売れてくれる。最悪失敗しても赤字にならないという商品に出会うことが多いので、ジャンクコーナーの訳あり品を推奨しているということになります。

ここでお伝えしたいのはせどりというのは、ジャンクコーナーの訳あり品だったら稼げるということをお伝えしてるわけではありません。せどり未経験者の方は先ほどお伝えしたように、値付けが弱かったりとか売れていくかの予想が出来ないためジャンクコーナーの訳あり品で、まずは経験を積む、利益を積み重ねて行くということになります。

ジャンクコーナーで見るべき商品とは

実際にジャンクコーナーでどのような商品を見ればいいのかということですが、稼働品を対象にリサーチをしてください。ジャンクコーナーという名前ついているので、壊れている物が販売されてると思うかもしれませんが、ハードオフのジャンクコーナーは全ての商品が壊れている訳ではありません。稼働品というのもたくさんありますので、稼働品を対象にリサーチをするということになります。

どのよう物が稼働品として置かれているのかということですが、よくあるものは年式が古い商品になります。動作はするけれど年式が古いから補償は付けられないような商品がジャンクコーナーで陳列されています。ただしっかりと稼働して現状問題ないということであれば、Amazonで販売する上で30日間の返金保証を付けて販売すればいいだけの話になります。

ただハードオフの場合は、ハードオフが提示している保証期間が設けられないということでジャンクコーナーに陳列されているだけだということになります。あとは陳列スペースの問題で稼働品がジャンクコーナーに置かれていることもあります。なぜかというと、例えば都会の小さな店舗に行くと店舗のサイズは小さいけれど都会だから買い取りが多いということがあります。買い取りが多いと陳列スペースを奪ってしまいます。そのため、少しでも商品を早く売らなくてはいけないということになります。ですから値段が落ちるということがあるのです。

通常の中古品を販売しているスペースが埋まってしまうとどうなるのかというと、安くするということも考えられますが、すが、ジャンクコーナーの方にスペースが余っていれば、稼働品をジャンクコーナーで販売するということはあります。実際にハードオフの店員の方に聞いたので全てのハードオフではないですが、そのようなこともあります。普通に稼動品として動いています。それと同じ型番の商品が通常の中古品を販売している棚に置かれていて、同じ型番の在庫が複数あり、通常の商品を販売している棚が埋まっている。だからジャンクコーナーにその商品の一部を置くということがあるわけです。そのような商品を見ていると一応訳あり品、ジャンクコーナーとして販売されているわけなので、通常の中古品を購入するよりも安く購入することができるということになります。

そのため、陳列スペースの問題で稼働品がジャンクコーナーに置かれている商品を探すのであれば、地方とか田舎の店舗で見るのではなくて、関東や愛知などのそれなり人口がいるところで探してください。関東や愛知など人口の割合に対して店舗のスペースが小さいところというのは、どうしても在庫を掃かなくてはいけないですよ。ハードオフというのは買い取りが来たら買い取りをするわけですよね。買い取りしたのであれば店舗にその商品というのは陳列するわけですよね。でもその商品が売れていかなくて買取ばっかり溜まっていったら場合どうあなるのかというと、店が在庫でパンクしてしまうのです。だからこそ商品を安くしなくてはいけないし、商品を置く場所がジャンクコーナーに置くこということが考えられるのです。

でもこれが逆に地方で店舗サイズは土地が余ってるからそれなに大きいけど、地方だから人口はそこまで多くないから買い取りが少ないということになると、ジャンクコーナーに稼働品がある確率はかなり減ってきてしまいます。実際私が北陸に住んでるのでよく分かります。北陸のジャンクコーナーの商品はやはり高かったりします。ジャンクコーナーとか結構少なかったりします。土地が余ってるから店舗サイズがそれなりに確保出来るけれど、そもそも人口が少ないから陳列スペースの問題に悩まされない。だからそれなりの価格で商品を売っていたりするのです。逆に田舎で店舗サイズが大きくて買い取りも少ないとなると、安く販売していていると商品がなくなってしまったらどうなるのかということです。要は店舗の在庫がなくなってしまうのです。ですから、地方の店舗サイズがそれなりにあるけれど、買い取りが少ないところというのは基本的にジャンク品も高ければ、普通の通常の中古品も都会に比べると高く販売されている傾向があるということになります。

話がそれてしまいましたが、他に稼働品をジャンクコーナーに置いているケースとしては、傷汚れがあるものです。これも先ほどお伝えしたように店舗サイズと買い取りの量によって変わってくるのですが、傷がそれなりにあり汚れがあるもの、そのようなものがジャンクコーナーで販売されています。このような物であれば、動作に問題がないことも多々ありますので、傷汚れを落としてあげることによって販売することができるということになります。

ジャンクコーナーの訳あり品というのは、一応稼働品で販売されていますが、怪しいものも多いのでジャンクコーナーの商品は動作確認をすることを前提に商品を仕入れてください。年式が古くて動作問題ないと書かれている商品があります。陳列スペースの問題で普通の稼働品が置かれている場合もあるし、傷や汚れがあるけれど動作するというように謳っている商品がありますが、ジャンクコーナーの商品は結構適当に物が置かれていたりするので、ハードオフの店員さんが確認した時は問題なかったとしても、最悪壊れているという事も考えられるので、ハードオフで簡単な動作を確認することができるので、動作を確認していただいた上で問題ないのならば、商品を仕入れて頂くということになります。

あなたがせどり未経験者からスタートして、このような商品を仕入れられるようになった。そして多少の利益が得られるようになったのならば、一部の動作確認済みの商品をリサーチするようにしてください。そして実際に商品を販売していくということになります。なぜかというと、ジャンクコーナーでは○○の動作を確認しましたという形で販売されているもの結構あります。動作確認をしているのであれば他の機能も問題なく動く可能性が高いという商品は結構あります。テレビとか良い例です。例えばBS受信しましたとか色々あります。○○受信しましたと書いてあるものは結構あるのですが、あるものを受信しているのであれば、他のものも受信するということが考えられます。もちろん例外もあり壊れている商品もあったりしますので、確認はある程度必要になってくると思います。

ですが、○○が受信しているのならば、他の機能も問題ないということがあるので、そのような商品をリサーチ対象として、実際に利益が抜けるというのであれば、動作確認をした上で商品を販売してもらうということになります。これはコンポとかも同じです。うまくディスクを入れることが出来ない、開閉が出来ないというものであっても、他のものは問題ないと書かれている商品があります。この開閉の問題というのは結構簡単に直せたりすることができるので、そのようなものを仕入れて、多少手を加えてちゃんと稼働するような状態にして商品を販売するということもできます。プリントーがいい例です。プリンターも修理転売への良い例ではありますが、ある程度印字確認はしてあるんだけども若干擦れがある。そのようなものを仕入れてメンテしてあげることによって利益を抜くことが出来るということになります。ですから、あなたがせどり未経験者ならば今お伝えした流れに沿って利益を積み重ねて頂いて、将来的には商品の幅を広げて利益をどんどん大きくしていくということになります。

ジャンクコーナーで仕入れられる商品

実際にジャンクコーナーで仕入れられる商品というのはどのようなものがあるのかということですが、まずリモコンです。リモコンも動作不良品のものありますが、動作確認をすることは出来ます。動作しているものがジャンクコーナーに置かれていることが多々あるので、リモコンをリサーチすることで利益を得られるということになります。ただリモコンは販売の価格が2000円くらいの販売価格になってしまうので、剥離になるかなと思います。ただ、仕入れ価格も安いので、せどり初心者の方であれば取り組みやすいのかなと思います。リモコンも一部の商品ではありますが、5000円超えてくるような物もあります。私が今まで仕入れたもので最高額ものであればリモコン1個で1万円超えてくるものもあります。そのようなものが1000円とかでジャンクコーナーで仕入れられるという事もあるので、せどり初心者の方にとっては一応狙い目の物になると思います。

次はACアダブタです。これも同じように壊れているものは基本的に少ないです。ACアダプターというのはアダプターなので断線がしていないということを確認して商品を仕入れなくてはいけませんが、これも数百円で仕入れて2000円でだったり、3000円くらいで売れていきます。これもリモコンと同じで基本的には2000円くらいの値段で販売することになるので、どうしても剥離になってしまいます。そのため、せどり初心者向けだということになります。今資金がなくてせどりを始めたいけど実際に仕入れた商品が売れなかったらどうしようというような不安を抱えているのであれば、このような低価格の商品を仕入れ、経験を積んで頂ければいいと思います。

次が映像デッキです。これは500円とかで仕入れて3000円4000円で売れるようなものは結構多々あるというようなイメージがあります。初心者の方はねほんとVHSなどが仕入れやすいと思います。VHSの中古の売値は物によりますが、リモコンがなくても3000円とか4000円くらい売れます。それをハードオフのジャンクコーナーでしっかりとした稼働品を1000円以下で仕入れることも可能なので、そのよう物をリサーチしていくことで利益は抜けるのではないかということになります。

次が音楽デッキです。先ほどお伝えしたようなコンポとかですね。コンポかでも先ほど言ったように、ディスクを出し入れするための蓋がうまく稼働しないというものもあったりしますが、ちゃんと最初から稼働する商品も売られています。コンポだけではなくて、ラジカセとかも同じです。普通に稼働する商品が年式が古いということでジャンクコーナーに置かれている場合がありますので、そのような商品が見つかったのであれば、リサーチをして利益が取れるということであれば、動作確認をしていただいた上で販売していくということになります。

次にチューナーです。チューナーも結構稼働品が置かれています。これも汚れ傷がありジャンクコーナーに置かれている場合もあれば、年式が古いからということでジャンクコーナーに置かれている場合もあります。そのようなものを見ていくことで利益を取ることができるということになります。これは本当にせどり未経験者の方にお勧めの物なります。せどり未経験者の方がある程度利益を積んで慣れてきたら、どのような商品見ればいいのかというと、本当にたくさんありますが、分かりやすいのは先ほどお伝えしたように、プリンターとかです。プリンターの擦れがあるものを仕入れてきて、メンテしてあげることによって利益を確保することが出来ます。あとテレビとかですね。テレビも一部の動作確認してあるけれど動作確認してあるのであれば、ほとんど問題ないというような商品もあります。

このようなことに気が付いているせどらーはそこまで多くないので、結構仕入れられるのではないかと思います。ただこの2つの商品は商品サイズもそれなりに大きいですし、ジャンクコーナーの仕入れに慣れてせどりというのは可能性あるということが分かって頂いたのならば無理にプリンタやーテレビを突き詰めなくても他に私の動画でBOOKOFFの仕入れのノウハウ等をお伝えしていますので、そのようなものを参考にしながら、あなたが何をするべきなのかということを決めて頂ければいいと思います。一応そのリモコン、ACアダプター、映像デッキの他にも、プリンターだったりテレビであったり、その他諸々仕入れられる商品というのはあるということでお伝えしておきます。

ハードオフせどりを攻略するポイント

最後にハードオフせどりを攻略するポイントをお伝えします。世の中にはね数々の情報があります。ハードオフのせどりに関してもね色々な人が色々なことを言っています。あなたがどれを選んでいいか分からないと思っている場合も多々あるかと思いますが、最初にお伝えしたように商品知識がないのであれば商品知識が必要ない情報を活用するべきだということです。

これは商品知識がなくてもせどりは簡単なんだよということをお伝えしてるわけではありません。商品知識ないのであれば商品知識をつけるか、商品知識がなくても商品を仕入れられるような情報を使って、経験を積んでいかなければあなたの経験も上がりません。ですから、世の中にたくさんの情報あります。沢山の情報ありますが、まずは商品知識がなくても確実に仕入れられるような情報を掴んで、商品を仕入れていき経験を積まなければいけないということになります。そのため情報の取捨選択に悩む方ものすごく多いのですが、あなたがせどり未経験者でせどりがどのようなものだろう。これからせどりを始めようと思っているのであれば、そのような情報を使って頂ければいいと思います。

あなたが経験を通してせどりに可能性を感じるのならば、商品知識経験を伸ばして、それらを活用できる情報を選択していかなければいけないということになります。今回ハードオフのジャンクコーナーを見ようという形でお伝えさせて頂いていますが、これでお金持ちになれるのかと言ったらそういうわけではありません。しっかりと商品知識、経験を伸ばしていかなければいけないし、修理をするのならば、修理のスキルを伸ばさなくてはいけないということになります。ですからあなたが経験を通してせどりに可能性を感じたということであれば、それらを活用できる情報を選んでいくということになります。あなたがせどり未経験者でせどりで絶対に俺は稼いでいく、将来は会社を辞めて起業したと思っているのであれば、最初は商品知識はないものに取り組むというよりも、最初から仕組みを構築したり、将来の利益に繋がるものを選択していった方がいいと思います。今回はせどりに未経験者の方やせどりってどんな感じなんだろうと思っている方も多いかと思うので、ジャンクコーナーについてお伝えさせて頂きましたが、あなたが覚悟が決まっていて本気だということであれば、最初っら資産を構築していった方がいいし、将来の利益に繋がる経験を積み重ねた方が将来の利益は大きくなります。

無料マニュアル 一覧

無料動画セミナー 一覧

Achievements

Pickup article

PAGE TOP