6359082544533927361340439760_Failure

初心者向け記事

Amazon転売&メルカリ転売 初心者はどっちの方が儲かるのか?

  1. 目的を明確したうえで最低な販路を選択する
  2. メルカリバブルが崩壊するのは当然の結果
  3. せどりで起業するならAmazonは欠かせない?
【–動画でも詳しく解説しています。–】

余白
※本文は動画の音声を文字に起こしたものになります。

目的を明確したうえで最低な販路を選択する

線

Amazon転売を実践するのか?それともメルカリ転売を実践するのか?
ということですが、まずはあなたの目的を明確にする必要があります。

副業でお小遣いがほしくて転売を実践するのか?
会社生活が嫌で起業を視野に入れているのか?

副業が偉いとか起業が偉いとかそういう話ではなく、
あなたは何を目的にして転売をするのか?が重要になります。

まだ、せどりを実践して数ヶ月の初心者の方
数年せどりを実践しているけど結果を残せていない方は
この目的の部分を明確にしていないことが大半になります。

ここを明確にしていなければどうなるのか?ってことですが
例えば、メルカリであればスマホで手軽に始められる
Amazonは規約も厳しくてパソコンを使わなきゃいけないよね・・・
なんか面倒だから、とりあえずメルカリで実践してみよう!
このような感情論で販路を決めてしまうということです。

他にも○○さんが中国輸入商品をメルカリで販売することで
これから半年間は高利益率が確保出来るって書かれていた・・・

尊敬する○○さんが言っているから間違いないだろう!!
ということでメルカリっで中国輸入を始めるというケースですね。

これからは、どれも感情論です。
ビジネスは感情論で行動を選択するものではありません。

例えばあなたが副業で安定的に毎月5万円の
お小遣いが欲しいということが目的なのに

メルカリを選んだ理由がスマホで手軽に始められるだったら
毎月安定して5万円欲しいと、スマホで手軽に始められるのは
どう繋がっているのか?ということなんです

目的と行動が一致していないですよね?
つまり、目的と選択が一致していないから
行動がいつまでも目的に繋がらないということになります。

○○さんがメルカリは儲かるとか
中国輸入商品なら半年間は稼げるのも同じです。

副業で毎月5万円お小遣いがほしいと考えているなら
半年間は利益が確保出来るとしても
半年後のことを予想していなければ意味がありません。

先行者利益を追いかけてても
安定した利益を残せないということです。

このような感情論で販路を選択していると
半年間は5万円、10万円は稼げるかもしれません。

しかし、初心者から稼ぐとなれば経験が必要なので
○○さんが、これから半年間は稼げると言っていても
初心者の方が一ヶ月目から稼げるのか?
って言えばそんなことは基本的にはありません。

三ヶ月目、四ヶ月目から成果が出るのが一般的です。

仮に半年後に高利益率が確保できなくなって
ライバルが増えて儲からなくなると意味はありません。

当初の目的である副業で安定して5万円稼ぐという
あなたが掲げた目的を達成することが出来なくなってしまいます。

つまり、感情論でAmazonせどりを実践するのか?
メルカリせどりを実践するのか選択するのではなく
あなたの目的を明確にして販路を選択する必要があるということです。

目的に沿った行動を選択していなければ
当然のことながら、その行動が目的に繋がることはありません。

メルカリバブルが崩壊するのは当然の結果

線

2016年にメルカリは転売屋に注目されたプラットフォームでしたが
206年末にはメルカリの規約が厳しくなり稼げなくなるという出来事がありました。

しかし、このメルカリバブルが崩壊するという予想ができなかった
せどらーは残念ではありますが、この先稼ぎ続けることは難しいです。

まだ国内転売に興味を持ったばかりの方はメルカリバブルって何?
って疑問があるかと思いますので簡単に説明しておくと
メルカリは2016年に新規参入者も多数いましたが
個人の取引ということで注目を集めていて儲かるプラットホームだったんです。

しかし、2016年後半、2017年前半は稼げなくなる人が続出しました。

それはなんでなのか?って言うと
メルカリというのはCtoCのビジネスを提案しているプラットホームです。

CtoCは一般消費 対 一般消費者の売買のことを指し
企業 対 一般消費の売買ではないということです。

スーパー、デパートなどは売り上げを上げるこを目的とした企業で
そういう企業が一般消費者に商品を販売しているのはBtoCになります。

つまりメルカリは企業は参入を禁止している場であり
一般消費者 対 一般消費者の売買のために設けられています。

つまり売上をあげることを目的とした
企業はメルカリ側に追いされて当然の結果なんです。

規約違反しているわけですからね・・・

では、なぜメルカリバブルが起こったのかというと
メルカリ側はまずは登録者数を増やさなければば売り上げが立たないわけです。

メルカリというサービスを提供したところで
利用者がいなければ当然メルカリ側は儲かりません。
なのでメルカリ側はまずは利用者を増やすことにリソースを注いでいます。

規約違反者を排除することを徹底していなかった、
そこにリソースを注いでいなかった、それが2016年のメルカリです。

もちろん2016年も業者が運営している
メルカリアカウントが閉鎖されると頻繁にありましたが
新規アカウントを取得する方法はいくらでもあったので
メルカリで当時稼いでいた業者は
アカウント閉鎖を気にせず商品販売を続けていました。

アカウントが閉鎖されたらまた作ればいい
そういう考えで商売をしていたけれど
メルカリ側も登録者数、つまり利用者が増えて

一般消費者にメルカリは不用品を売って
お小遣いを稼ぐことができると認知させることが出来たので

一般消費者に気持ちよくメルカリという場
サービスを利用してもらうために
規約違反者の排除を徹底するというのは当たり前のことなんです。

メルカリは利用者を集めないと儲からないので
まずは利用者を集めることにリソースを注ぎます。

なので規約違反がいても徹底して排除することができなかった。
でもメルカリ側が集客をして一般消費者にメルカリという場があるんだ。

メルカリという場で商品を安く買える、それは企業がいないからと認知され
個人が商品を販売すればお小遣いを稼ぐことができるんだと認知された段階になれば

集客にそこまでリソースを使わなくてもある程度お客さんは集まってくるんです。
そうすると規約違反者を排除しないとお客さんを集めたところで
メルカリが求めているお客が逃げてしまいますよね?

なので規約違反者をそのうち排除していくだろうというのは
誰もが予想できることだったんです。

にも関わらず多くのせどらーはメルカリすごく儲かっているし
このまま稼ぎ続けるんじゃないかと考えていましたが、そうじゃないんですよね。

普通に考えるとメルカリが違反者を徹底して排除していくのは
誰もが予想できたということです。

これはAmazonも同じです。
Amazonも最初はセラーを集めていたので
規約というのはそこまで厳しくなかったんです。

最近どんどん規約が厳しくなっているのですが
これはなぜかというとAmazonで商品で販売すると儲かるんだと
一般的に認知されてきたからこそ

Amazonが規約違反をしている出品者を
排除するという方向に変わっていってるということです。

これは当たり前の話ですよね?

つまりメルカリは不用品を販売してお小遣いを欲しい方には最適な場で
月収100万、200万欲しい、起業してメルカリで稼ぎ続けたいと考えているのならば
不向きなプラットホームになるということです。

ここで伝えたいのはメルカリは起業を視野に入れているのならば不向きですし
メルカリバブルがあって、いつか崩壊することが目に見えていた
そういったことを予想していかなければいけないということです。

その予想はあなたの目的に沿っていれば問題ないのです。
例えばメルカリバブルが崩壊する予想できていたとしても

メルカリというのはCtoCのビジネスですから
毎月2.3万円、5万の稼ぎであれば問題ない
そういう形で予想をしていなければいけなかったということです。

せどりで起業するならAmazonは欠かせない?

線

起業を目指しているのであれば欠かせないのはAmazonになります。

出品規制がかかっているメルカリではなく
通販トップの座を確立しているAmazonになるということです。

数年後、Amazonの地位を脅かす通販サイトが出てくるのでは?と
Amazonもいつまでももたないんじゃないの?
と考えている方もいるかもしれませんが

創造的破壊経営でトップの座に君臨したAmazonを脅かす企業の存在は
今後、私たちが生きている間では出てくる可能性は極めて低いと考えていいです。

Amazonは新規分野に多額の投資を行ったさえない決済が続いているのが有名な企業で
巨額な投資をしてきた企業なので巨額な投資はどこに投資していたのかというと
利便性を追求していたのです。

例えば、私たちが利用しているFBAというシステムも巨額な投資必要になります。
最初は本しか売っていなかったのが、本であったりCDが増えてきましたよね。
それ以外に今は食品もありアパレルもあります。
それ以外の商品であればプライムビデオというものが出てきたりとか
当日発送というのが出てきましたよね。
その日に注文してその日のうちに届く、こういうものも出てきたのです。

つまりAmazonというのは巨額の投資をして利便性を追求して
知名度と売り上げ共にに上げているのです。

起業を視野に入れているのなら
Amazon転売を優先して土台を作るということで、
今後Amazonの地位を脅かす企業はなかなか入ってこないので
Amazon転売を優先して土台を作るということです。

なぜAmazonの存在を脅かす存在が出てこないと言い切ることができるのかというと
今伝えたように創造的破壊経営をしているのでいわれているAmazonは
今知名度と売り上げ、利便性があるわけで
Amazonに勝とうと思ったらAmazon以上の巨額の投資をしないと
他の企業はAmazonに勝つことができないのです。
巨額の投資をする=創造的破壊経営と言われているわけですがそれなりにリスクがあります。
それだけ大きいリスクを背負って打倒Amazonという企業は今後出てくる可能性は極めて低いと考えられます。

100年後200年後には分かりませんが
私たちが生きている期間には
Amazonを脅かす企業の存在は今後も出てくる可能性が低いので
Amazon転売を優先して土台を作るということです。

今これが儲かるからといいよと、そういう先行者利益の話ではなく
起業を視野に入れているのなら土台を作らないと
今儲かっていても、起業をした途端に儲からなくなったら話にならないわけです。

だからこそトップの座に君臨しているAmazonの転売を優先して土台を作るということで
ある程度安定的に稼ぐことができるようになるので起業しても問題ないということなんです。

セドリというビジネスやるべきことをやれば近い将来稼げるのは必然だということです。
感情を押し殺し目的に沿った行動を選択するということです。

先ほども言ったように先行者利益とかそういう話はどうでもいんです!

○○さんが何々って言っていたからそれをやろうという話ではなくて
あなたが何を目的としているのかというのをしっかりと決めて
それに沿った行動を選択していきましょうということです。

○○さんが何々って言ってた、だからやるというのはやるべきことではなく
やるべきことはあなたの目的をしっかりと明確にしたうえで
それに沿った行動、選択することがやるべきことなるということです。

これを続ければ近い将来あなたが稼げるようになるのは必然です。

関連記事

  1. 初心者向け記事

    フィギュアせどり 仕入れ方法&コツを伝授

    フィギュアせどりは発売前に定価超えする商品を予想して仕入れるスタイ…

  2. リサーチ

    ブックオフせどり&転売のコツ、やり方を伝授

    せどりの仕入れ先として何年もからあるのがブックオフとなります。…

  3. 初心者向け記事

    せどり初心者ノウハウを伝授!すぐに実践できる具体的なノウハウ

    現在は情報過多の時代を言われているためこれから、せどりを始める初心…

  4. image1

    マインドセット

    1日1個でも仕入れられるなら将来は稼げます。

    私たちがいる、せどりの世界で商品が、仕入れられないって悩みは、…

  5. 初心者向け記事

    中古家電せどりの仕入れ先と稼ぐまでの道のり

    家電せどりを始めようと思っているけどどこで商品を仕入れたらいいか分…

  6. 124653b7b447d4013_l

    マインドセット

    せどりは単発の赤字は気にするな全体で黒字ならOK!

    本日の実践報告はPioneerのビデオで17,236円の利益です。…

New article

  1. Kak-stat-brokerom3-min-e1448116144745
  2. 58612ca8a8b3e
  3. 6359082544533927361340439760_Failure
  1. SnapCrab_NoName_2016-7-7_18-23-7_No-00

    リサーチ

    では時間になったので、どーぞ!
  2. 00c73dfa9f02d5cf6cd1e4ec956b0297

    初心者向け記事

    国内転売で稼ぎを加速させるために
  3. images (10)

    初心者向け記事

    せどりが飽和した?外注スタッフでも仕入れられるのに?
  4. ビジネスチャートとボールペン

    リサーチ

    判断材料にして、もらえればOKです。
  5. リサーチ

    中古せどりの価格設定、値付けで失敗しない3つのルールとは
PAGE TOP